2015年01月27日

キャロウェイさんの


取材をしていました

キャロウェイさんと言えば・・・
22c1fb8e.jpg79d8ac4b.jpg













PGAショーではこんなドデカイカットサンプルで注目を浴びていましたが今年の目玉がコレッ

303674f9.jpg








XRシリーズです

基本的にはX2HOTの後継モデルで、より浅くより低い重心位置と、より飛距離を追及する為に進化したカップフェース構造のモデルです そして今回のXRシリーズからはアイアンもカップフェース構造になり全ての番手が同じ思想を持つフェース構造になりました。

また注目は
d56cdd16.jpg













空力  PINGさんからはじまり今年発売のエアロバーナーと空力は今後のトレンドになっていく感じです キャロウェイさんはトップからインパクト以降の空気の流れを徹底的に研究した結果、ディープフェースのXR PRO(ディープ)には採用の必要がなく、このモデル(シャロー)にだけ必要と判断されての搭載となりました。実際に振ってみると切り返しからのスムーズさはハッキリと感じます でもそれがこの効果なのか天邪鬼な・・・ 好奇心旺盛な僕としてはこの形の有り無しを打ってみたい衝動にかられます

何にしても元々評価の高かったシリーズをさらに飛距離を追及して出来上がったモデルなので注目を集めるのは間違えないところだと思います


streetmedia at 20:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

帰ってきました。


これで4年目かな?? 続けていけたのは・・・

とにかく

10f472d2.jpg









色々なものを充電してきました


ネタは沢山あるので少しづつ書いていきますね。

今回BSさんの関係で特に打席でアマチュアの打っているところをジックリとみる機会ができたのですが、一日中見ていても同じことが頭の中に焼き付いています。それは多くのゴルファーのトップが小さく、そこから強烈なパワーで振りぬく・叩くタイプの方が多いというところ それで当たれば280y前後は軽く飛んで行ってしまうもちろんそうではない方もいますが割合的に8対2位かな。。。 その8割の中でかなり振り遅れて間に合わないだろってとこから強烈な戻しで綺麗なドローを もちろんプロのように綺麗なプレーンとフェースコントロールで打つ方もいますが・・・    そんな強烈な方が多いのでシャフトの強度も高く棒のようなのが好まれるんだなぁなんてみていました。 また話を聞いていると1Wに対して何を一番に求めるのか?の問いに飛距離と方向性の割合が半々くらいだったのも面白いところでした。

また残りの2割の方の場合・・・  当然アメリカ国内モデルでは結果が出ないことも多く三菱さんのBASARAがクールクラブ(高級フィッティング店)の中でDIAMANAを抑えて一番人気になっているなど、とても興味深いところ話です 


そんな話も踏まえながら一つ一つUPしていきますのでお待ちくださいね

 

streetmedia at 18:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年01月20日

やっぱり時差ぼけ

毎回同じパターン。夜眠れるのに決まって朝3時位に目が覚める。。。

ゆっくり朝が来るのを待ってます(^-^)

ac9b2d01.jpg

streetmedia at 18:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索