2017年06月15日

Masdagolf HBI & ファイアー


今年は色々と楽しい物が沢山です

意外と使用者が多いのですが、その割にモデル数が少ないクラブ  そうです「アイアン型UT」の新作が登場しました

7b66e679.jpga5d71e63.jpg












巨匠のノウハウの詰まったアイアン型UT「HBI」です  このクラブの特徴を僕的にお話しするとやっぱりアドレスした時のイメージではないでしょうか  ヒールで合わせられるUTなんて見たことないですからね 球を包み込むイメージを出しながら左には行き過ぎない絶妙のところです。 機能的にも球の高さスピン量とシッカリグリーンを狙うクラブに仕上がっています

そんなヘッドには・・・
718dd764.jpg










やっぱりこの子の出番でしょ  撓り感はシッカリ出しながらネジレに強くTIP剛性も高いこの子 振り抜きの良さを優先してMCIブラックも考えましたがまずは安定感抜群のこちらで実戦投入してみたいと思います

予定は・・・

しばらく先になってしまいそうですがmuziikのFWも含めてまた報告させていただきますね


streetmedia at 18:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月14日

ありがとうございました



何年続けさせてもらったんだろ。。。


ALBAさんで連載させていただいていた
 BlogPaint










「毒になるクラブ 薬になるクラブ」ですが、今掲載中(97回)で終了することになりました。 僕の中では100回いったらお礼の言葉を書きたいなぁとか妄想していましたがこのような形になりました。

それにしても約4年?という長い間、連載させていただいたことは読者の皆さん、そしてALBAさんに感謝の気持ちしかありません。本当にありがとうございました。
次号からは違う形でのコラムでお手伝いさせていただいていくんですが連載になるのか?隔号になるのかはまだ未定という感じです

これからも色々な形でクラブに関することを発信していきたいと思っていますので、まずは「毒になるクラブ薬になるクラブ」を読んでいただいていた皆さん。ありがとうございましたそしてこれからもよろしくお願い致します。


streetmedia at 14:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月13日

Muziik & ファイアーエクスプレス


飛んで当たり前になった熾烈なFW競争 


そんな中で間違えなく最初に名前が挙がってくるであろうヘッドがコレです

6623b6a6.jpg62afb3a4.jpg












ヘッド構造的にはRODDIOさんのFWやMuziikさんのICEと同じようにソール部分に贅沢にタングステンを使い球の上がりやすさと適正スピンを作ってくれるタイプです

またあるゴルファーにとって嬉しい部分は、上がりやすいヘッドにも関わらず洋ナシ&ディープな形状 性能を重視したヘッドが丸顔&シャローが多いので「おっ」って感じてくれる方も多いと思います  実際に打ってみると球の上がりやすさと飛距離は勿論のこと、フェース左右の打点ズレに対しても許容度が大きく感じます  4点でのネジ止めが結果的に左右の慣性モーメントを大きくしているのかな なのでセミオートマ感覚で色々なライから打っていけるヘッドです


そんな高性能ヘッドには
e75b9eba.jpg









やっぱりシャフトも高性能なFW用で試してみたいと

僕の個人的な感覚ですが、ソールに大きな重量がくるヘッドのシャフト選びはとてもデリケートに感じるんですそれはシャフトから一番遠いところが重いので、シャフトにかかる負荷が大きく感じるためでヘッドスピードに対して十分な腰があるシャフトが必要に感じます。 ただ硬くすればって話ではないので悩ましいところです


何にしても色々なタイプのFWが出揃いましたので間違えなくオンリーワンは造りやすくなったと思います


streetmedia at 13:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索