2018年11月15日

Muziik XSPIRE XR

ちょっと面白いヘッドがもうすぐ発売されます


その前に少しだけ寄り道したお話をさせていただきます。クラブの反発に対する規制が出来ているということは、反発する力が飛距離に多大な影響を与えているという裏付けと飛距離に対する上限を付けられてしまっているという事実を改めて認識していただきたいという事です。規制以降直ぐはナショナルブランドとパーツメーカーで、その値に対する見方が少し違っていたりその後はフェースの中で上限の値に近いところを広くする工夫がされてきました.。 これはヘッド単体ですが他にもクラブ長や重さなど色々な工夫がされてきました。

いずれにしても飛距離に対しての部分ですが結論から言えば、初速・スピン量・打出し角の3要素をどう整えていくかという当たり前の話に落ち着いていきます。これをスイングで何とかするにはアマチュアゴルファーにとってかなり難しいので、ここはやっぱりクラブに頼った方が効率的だし色々なアプローチのモデルが発売されています。


話は長くなってしまいましたがそんなアブローチの中でも特に面白いことをしてくれたのがこのヘッドです
IMG_0053
アイデアマン(僕が勝手に言ってます)のY社長の率いるMuziikさんから発売されるヘッドです。このヘッドの特徴はMuziikロゴの三角のところは樹脂製で画像手前のMETAL EFFECTロゴのところはステンレス製で作られていて、ヘッドのターンする力で飛ばす設計になっています。 このヘッドが全ての方に使いやすいかと言ったら絶対にNOですが、一般的なゴルファーに多い身体に対して腕の運動量が多いスイングタイプの方はフェースを閉じながらインパクトに向かってくるので、このターン力はとっても魅力的な機能だと思います


話をまた横道にそらしますが、上限が決まっている中で飛距離を伸ばしていくにはスイングや体を整えていくのかそれともクラブで足りない部分を補っていくのかの2択です。その現実の中でこれだけクラブが多様化して選択する幅があるんですから時間に制限があるアマチュアゴルファーは賢くクラブで補っていく方が効率的じゃないかなって僕は思ってます

直線的に動かしてオフセンターヒットでも曲がらない力を利用して早く振るのも一つですし、このXSPIRE XRのターンする力を利用してスクエアなインパクトを自然に作り初速を上げていくのも一つです。今のドライバーが振りにくいなぁって感じている方は是非試してみてくださいね。


streetmedia at 18:24|PermalinkComments(1)

2018年11月06日

ありがとうございました。


IMG_0034


先週3日に開催させていただいた試打会は沢山のお客様にご来場いただけました。天候に恵まれ過去10回の中でも最高の来場者数と聞いています。本当にありがとうございました
手作りで始めた合同試打会、このプレゼントも運営をお願いしているスタッフが1つ1つ手作りで作ってくれたものです まだまだ至らないところは僕も含め多々あると思いますが、ご来場くださる皆さんに対する感謝の気持ちは負けませんので、これからもどうぞよろしくお願い致します。当日幾つかのブース(1人でこられていた)ではトイレ以外打席を離れられなかったと笑いながら悲鳴を上げるほど沢山の方に試打していただけたようです。

以前に比べれば試打できる環境は良くなってきたかとは思いますが、同じ日に打ち比べられた方が比較しやすいのは僕の経験から絶対と言える部分です。SNSやメディアからの発信・受信だけではなく、こういった生の環境も作って皆さんに情報を吸収していっていただけたら嬉しいです。また今回はブリヂストンゴルフさんにお願いしてボールフィッティングも初めて実施しました。200ヤード以上の距離で実ボールをテスト・計測できたのは貴重な事だと思います。なんせボール回収の事を考えたらなのでせっかくやるならというBSさんのご厚意に感謝するしかありません。それを見ていて勝手に理想のボールってこうなんだなぁって僕の妄想はよりハッキリとしたものになったんですが、その話は次の機会にさせていただきますね。こんな風に生の現場じゃないと分からない事が色々と見えるところも僕の楽しさの一つですし皆さんにも感じて欲しいところなんです

書きたいことが溢れてきてグタグタになりそうなのでこの辺で止めておきますが、本当にメーカーさんも含めて皆様のおかげで無事に開催することが出来ました。来年も喜んでもらえるように頑張っていきますのでよろしくお願い致します。



本当にありがとうございました。



streetmedia at 13:40|PermalinkComments(0)

2018年10月29日

カーボンクラウン

ヘッド構造や素材の変化が起こった時に大きな進化が起こってきたドライバーですが、既に行きついているのではっていう疑問の声もチラホラ聞こえてきたりしています。そんな中でここ数年はクラウンにカーボン素材を使っているヘッドが多数発表されています。 このカーボンクラウンは特別に新しい技術とは言えませんし、もともと薄く作られているクラウンなのでカーボン+接着+塗装でどれだけの重量マージンが取れるのかは正直僕も疑問に思っていたところです。ただどのメーカーさんの開発の方に聞いても重量の部分しか答えがなかったんです。


そんなモヤモヤしていた時間は今年発売されたヘッド達でスッキリとしてきました。その理由はもちろん数グラムの重量マージンも大切ですがそれよりももっと判りやすいものがドンドン発売されてきたからです。


例えば
IMG_0003このHONMAさんのツアーワールドに使われているクラウンは加工技術によって今までのカーボンクラウン部品よりも薄く作られています。手に持っただけで直ぐに判るほどの違いで、カットサンプルを見た時一番先に目に付いたのがクラウン裏の構造です。





他にも
IMG_0014ブリヂストンゴルフさんのTOUR-Bに搭載されているクラウンにはタイヤの技術が盛り込まれています。またクラウンの撓みと言う漠然とした話(撓んだら何故いいのか?)ではなく撓み戻りをコントロールすることによって、JGRのように寛容性や打出しを高くしたり、このTOUR-Bのように直進性(前に弾く)を高くしたりということをしてくれています。







さらに
IMG_0010テーラーさんのM GLOIREは機能だけではなく特殊な方法により織目をシッカリと生かした塗装が施され今までにないビジュアルを作り出しています。また爽快な音や打感も創り出しているところは今までにないヘッドと言っていいと思うところです。











重さ・機能・ビジュアルと代表的なモデルで説明させていただきましたが、これ以外のヘッドも確実に進化を遂げています。大きな構造・素材変化がなくても十分に進化していますので「何を打っても変わらないよ」とは言わず、自分の欲しいところ(飛距離・高さ・つかまり)を明確にして色々と試して欲しいです。重さやコンセプトが細分化した今のモデルの中に必ず結果を出してくれるクラブがあるはずですから






streetmedia at 19:30|PermalinkComments(1)
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ