2016年04月28日

ROMAROさんの


アイアンの打感にみんなシビレテマス 


1ad65f4e.jpg














この子ね


もともとREY・TYPE-Rともに好評なんですが今回のREYシリーズはそれを上回ってくれました  打感だけではなくREYシリーズとしてはトップブレードも厚くなって、フトコロで球を包むイメージもシッカリと出ていて、どちらのユーザーにも満足してもらえる絶妙のバランスに

ちょっと飛び系のアイアン(言い方が難しいな)が好物の皆さん注目ですよー


streetmedia at 12:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月24日

ALLOY BLUE SORA


皆さんはもう打たれましたか

TRUE TEMPERさんから発売されたこれっ
8bbd29c6.jpg










空のように鮮やかなカラーリングが光るシャフトです 

メーカーさんのカタログを見ると飛んで高く上がるシャフトってことなんですが・・・   僕が一番最初に打った時の印象は「軽くてハリのあるシャフトで何かうすめに当たるなぁ」って感じで、凄く良いって印象がなかったんです。

それが 練習場で打った後にコースに出て打ち始めると「気持ちいいインパクトになるわ球の高さは1番手分位上がるわその分か半番手分位キャリーが出ていくんです」  その時一緒に試打していた金谷プロも同じ感覚で驚いていました  
細かくインプレをするとカタログ重量(カット後85g(R)シャフト)よりも実際は軽く感じて、全体的な撓りの中に1本芯がある感じで弾いてくれるシャフトです。 このハリは高強度合金の力なのかななんて考えながら、また一つ面白いシャフトが登場したことを喜んでいます

僕的にはシャフトの挙動やコンセプト、打ったフィーリングなどを踏まえて考えるとやっぱり飛び系大型ヘッドとの相性が抜群かなって思います。  しっかりと打出しを出せることでよりヘッドのポテンシャルを発揮できるしスイングに無理がなくなるので好循環を生み出してくれるんじゃないかと妄想が

日本シャフトさんの充実ラインナップをはじめフジクラさんのMCIブラック等々、軽量シャフトの充実は間違えなく一般的なアマチュアゴルファーに恵みが訪れるのでアイアンのシャフトなんてみんな一緒だよなんてことは絶対にありませんから色々と試してみてくださいね



streetmedia at 16:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月17日

RODDIOさんの・・・



 a6b7d03c.jpg










カーボンハッチ カッコいいなぁ。。。  もちろん見た目だけの話だけじゃなく重量的な面での調整幅も広がるんですが見た目が

そして・・・
f8885ffd.jpg










アモルファススリムシャフト  スリムシャフトって言うと・・・   ダイワ時代に出ていたあれを思い出してしまう昭和のゴルファーですが  このシャフト、どちらも特徴的でとても打ちやすく飛距離もだしやすいのですが特にスムースっ

僕の好物です

切り返しで手の内からシャフト全体が撓りスイングスピードと同調して戻ってくれます  そして全体的に撓るシャフトなのに少し振り遅れてもヒール当たりにならずグッと修正してくれます  なんて素敵なんでしょ   その動きが左に行きそうで怖い方はスピーディにすればOK  ちょっとお高いシャフトですがその価値は充分に感じていただけるはずです


撓るシャフトが好物の皆さぁん


是非打ってみてくださいね


streetmedia at 18:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索