2017年01月18日

ムジーク



はい。 前回少しふれた「驚いたシャフト」がこれ 

1a04ecd7.jpg










ムジークさんから発売されている

GENERATION   Ti-4 Long

です。  このシャフトは名前の通り50gを切る重量で長尺用に作られています。 チタンファイバーを複合させたりBUTが少し太かったりと色々な工夫が盛り込まれたシャフトなんですが・・・


とにかく振りやすい


そんな驚きを受けたシャフトなんです  根本的に飛距離UPを狙って軽量長尺化していくと必ずと言っていいほど慣れと練習が必要になります  ですがこのシャフトはそんなことは必要なく1球目から気持ちよくインパクトさせてくれます  もちろん飛距離に関しては当て方によってバラツキは出てしまいますが(これはしょうがない部分)曲がりにくいという部分はお店で色々な方に打っていただいても同じ傾向でした  なので飛距離性能の高いヘッドとの組み合わせや、やさしいヘッドとの組み合わせで総合力を上げたりと本当に重宝するシャフトなんです  長尺用のシャフトでこれだけ多様性を感じたのはコンポさんのK2とこのシャフト位です

ヘッドの高性能化によってシャフトに求められることが多様化している中で本当に面白いシャフトだと感じますこの重量帯に興味のある方は是非試してみてくださいね


streetmedia at 18:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月16日

コンポジットテクノ


初代ファイアーエクスプレスから何年たっただろ・・・


全長フル4軸をベースにしたシャフトで、クラブ好きの皆さんの中では知らない人は居ないはずかな

 cd56f420.jpg









もちろん僕のお店でも支持され続けられているのですが本当に偏りなく全てのモデルを愛用してもらっています。この理由はモデルごとのターゲットが明確で、そのユーザーの求めるものを提供してくれているからだと思います   

そこで面白いのは各メーカーさん毎に振り心地に魅了されているファンがいるって事です これはコンポさんだけではなくフジクラさんにもグラファイトさんにも三菱さんにも あえて理由を考えると色々なモデルが登場しても振り感はメーカー色がハッキリと出てきます。これは開発者の癖や好み・素材・作り方等々あげたらキリがありませんがメーカー色がでるのは間違えないところです  ヘッドが高機能化した今、そのヘッド性能を最大限に引き出すためには不可欠なのがシャフトです。 そのシャフトも多様化している今、好きな振り感のメーカーさんを絞ってその中からシャフト選びをしても判りやすいのかななんて思いました。

話はそれてしまいましたがコンポさんのTP-V・BX70系  MAX系 RB系 そして僕個人的に評価の高いK2系と拘りまくった物造りのラインナップ ある方の一言で改めて見直させていただきました 


今度はそんな僕が感心したシャフトを記事にさせていただきます


streetmedia at 18:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月11日

今年は・・・


皆様。今年もよろしくお願い致します 

今週はPINGさん。テーラーさんの発表会でしたし来週はキャロウェイさんと各メーカーさんの春発売のクラブが続々と登場しています  詳細に関しては今月のPGAショーで打ちまくった後に記事にしたいと思っています

そんな中で昨年はEPONさんからAK26という新しいコンセプトのドライバーが登場しました このクラブに関して僕的には「未知の可能性」を感じています  ですがシャフトとの兼ね合いも含めてもう少しだけ整理してお話ししたいなぁって

えー   「そう言いながら放置するんじゃないの


って突っ込まれそうですが   大丈夫です。。。   頑張りますから。。。


ってこととだけじゃなく

僕的にとっても衝撃を受けて期待しているのがこれっ
9953a634.jpg3975bace.jpg













12月に試させていただいたときに「弾道とオートマチック感」に今までにない手ごたえを  正式には2月の発売と聞いているので期待が高まります。 僕の頭の中では既にあのシャフトかコレだなって妄想が始まっています


とにかく今年も面白い情報を記事に出来るように頑張っていきますのでよろしくお願い致します。



streetmedia at 14:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索