2015年03月29日

Regio Formula MB


以前にもこの場で紹介しましたがインプレを


まず一番に「カッコいい」 はい「ふざけんなっ」って言われそうですが、これも大切な要素
ad242376.jpg
上手く伝わるかな・・・


白いヘッドに素晴らしく相性がいいです


純正のシャフトかっていうくらい









でぇ

実際にコースで試打した印象は・・・
959c808d.jpg
まず癖のないシャフトだということを大前提にしてください。その癖のないシャフトの大変さは以前かきましたが、実際に振るとヘッド性能はそのまま球質に反映されながら振りやすくしてくれます

つまりヘッドの基本性能を変えずにスイングスピードにシッカリと同調してくれるシャフトってことなんです。もう少しイメージしやすく説明すると、例えば重心距離が長くて左に行かないヘッドや重心深度が深くてオフセンターヒットに強くしているヘッドは厳密に言うと、その動きがプレーヤーにとって違和感として感じてしまうこともあります。 その違和感を感じさせずに特性だけを球質に反映させてくれるんです 今回試打したヘッドは重心距離が少し長めで左を嫌っているヘッドなんですが、スイングスピードの変化をつけてもタイミングは全くづれずに球質も変化なく同じフェード系に落ち着いて(自分の持ち球)いました  

挙動的にはアイアンシャフトのDGやMODUS125のように、切り返しで手元側から緩やかなしなりを感じてタイミングがとりやすくハーフウェイダウン以降はスイングスピード同調して気持ちよく戻ってくれます この挙動はそのままFWにもいきたいなぁって勝手な妄想も膨らませています

実際にコースであまりにも気に入ってしまって・・・

軽硬長尺(小ロフト)とMB(大ロフト)のドライバー2本体制を真剣に検討しています たぶん来週にはそうなっているような。。。 練習もしないのに。。。


とにかく安心できるシャフトなので是非打ってみてくださいね 



streetmedia at 18:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月27日

JEWEL LINE


今回フジクラさんから発売されたJEWL LINE  PLATINUMとONYXの2つで構成されています。ざっくりと説明すると軽硬と重軟・・・   ざっくり過ぎますよね ってことで少しだけ細かくお話します。 まずはゴルファーには軽くすることでヘッドスピードが上がりボール初速に転換していける方と、クラブの重さをエネルギーとしてボールに衝突する力を上げて初速がアップする方の、大きく分けて2つのタイプの方がいます。その1つスピードを上げてくれるのがPLATINUMで衝突する力を上げてくれるのがONYXということです

そして今回はPLATINUMについてです。
BlogPaint









せっかくなのでトコトン行ってしまったスペックの方が判りやすいので、今回は4Xでテストしました 今まで市場にも軽硬で評価を得ていたモデルは幾つかありますが、このPLATINUMが圧倒的に違うのは「走り感」ですただたんに硬くしたわけではなく、スイング中にシッカリとヘッドを感じられ切り返しでも普通のシャフトのように「撓りとたまり」を感じさせてくれます それでいてハーフウェイからインパクトに向かって加速しながら戻りフィニッシュまで振りぬかれていきます この普通のシャフトのように・・・  これがとても大切で、この感覚があるから特別なヘッドバランスにしたり、微妙な調整が必要ないんです その証拠に今回の4X(46.5インチ)を試打もなく素振り2〜3回でいきなりティーショットを打っても、違和感なくインパクトを迎えられました

当然ですが長尺で軽いクラブを再現性高く振るには、ある程度の練習が必要だとは思いますが飛距離への可能性をビシビシと感じさせてくれるシャフトです

個人的には軽いから良いとかではなく、自分のベスト重量よりも軽くして使うことでより良いパフォーマンスと可能性を追及していけるんじゃないかななんて考えています。 とにかく振りやすいシャフトなので飛距離を優先に考えている方は是非試してみる価値はあると思いますよ

streetmedia at 21:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月25日

ROMARO


スーパー安定系のドライバー完成です


それは
947d632c.jpgaf1efc0b.jpg












スピードもパンチもあるK様。リクエストはとにかく曲がらない(死なない)ドライバーをってことで、打感もやわらかく球持ちも良い、それでいてオフセンターヒットにも強いこのヘッドを 重調して短めに仕上げてあります。
シャフトは無駄な動きを一切省いてあるこの子に このような仕上げ方は幾つもの実績があるので自信をもってお渡しできるクラブです

これで気持ちよくゴルフを楽しんでもらえたら嬉しいですね


streetmedia at 22:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ROMARO 
記事検索