2015年08月04日

SHOCK WAVE BLACKシリーズ


記事にするのがとっても遅くなっていますが 面白いシャフトがまた一つ登場しています

そのシャフトがコレッ

BlogPaint








50g台〜70g台のXXまでバリエーションを用意してあるシャフトです


d1d48f26.jpg
黒とシルバーという同じ色合いから(本当はもっと真剣に考えましたよ)試打クラブはこのヘッドで組んでみました


このSHOCK WAVEの特徴として、初めに挙げられるのは50g台のスペックから低トルクに仕上がっていて、全長に80tの高弾性シートを使っているところです

また剛性分布をみても癖のない仕上がりで、切り返しでの「撓り感」はしっかりと感じられるのに必要以上に捻じれないシャフトに仕上がっています。






a5c79d23.jpg









実際に試打してみると、切り返しでの間がとりやすく中調子と言いながらシッカリと手元側からのしなりを感じられます。ハーフウェイからはスイングスピードに同調するように撓り戻ってきますが、決してヘッドが左側(下向き)にロールするような挙動がありません。 また球質は明らかなロースピンの重い球質で飛んでいきます。 そんな挙動を体感しているとイメージしやすいのが「初代青マナ」この挙動に高弾性をまとったようなシャフトです

なのでヘッドスピードに関係なく、しっかりと球を捕まえられる方には使いやすくコントロール性能も非常に高く感じてもらえるシャフトに仕上がっています  僕的にはキャリアが長くボールコントロールをしたい方に、ハイロフトのヘッドと組み合わせて使っていただけると面白いことが起こりそうな予感のするシャフトです

ロフトの立った3Wとかも・・・

色々な妄想の出来る楽しいシャフトがまた一つ追加されました







 

streetmedia at 16:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月29日

Azasシューズ


ここで書くのは何年振りだろ・・・


お店でオーダーシューズの受注会を開催したこともあったのですが、その時は製造工程で問題が発生してご注文いただいたお客様の手には渡らず、ご迷惑をかけてしまったことも。。。

それから問題を一つ一つ解消して今は全く心配のない状況に ってことで靴好きの僕としてはまず自分のを作ってみないと

はいっ
c9ddac23.jpg


















こうしてみると無難だったかな。。。


一つ一つ足のサイズも計りインソールも作ってくれます  興味のある方はかなり攻め込んだデザインも制作できますからAzasさんのHPやFBで確認してみてください 今は定期的百貨店での受注会がメインのはずなので人と違うシューズを探している方は是非

だいたいオーダーしてから3〜4週間で完成できるはずです。




靴を買うと・・・


服も欲しくなる・・・


衝動買いっていう危険な状態です





streetmedia at 17:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月28日

ロフトって・・・


ただいま発売中のこれっ

25ac04af.jpg
















リニューアルしたんですねぇ

その中でもお話しているのですが、「ドライバーのロフト選び」についてです。


今まで別企画などでも、ことあることに色々なメーカーさんに話を伺ってきました。それだけ僕自身も興味深く、また難しい事なんです 簡単にロフトって事じゃなく重心深度や高さ等色々な部分と関係があった結果が、打球になるので難しいんです。。。  そのメンドクサイ部分は僕たち(フィッター)の立場で解消してあげないといけなので、色々な角度からお話を聞いてきたんです

わかりやすく例えると浅重心&ハイロフトと深重心&ローロフトのプレーヤーに対する適正とかね まぁ結局相談に来てくれたお客様の結果を出すための勉強なんです。 

そして今回注目したい部分はプレーヤー目線の適正打出し角とメーカー推奨(これがベースなのかな)の打出し角のギャップについてです。各メーカーさんがほぼ同じ意見なんですが、15度以上の打出し角で適正なスピン量の打球が一番飛ぶとお話してくれます。 でもこの15度以上って僕自身の感覚的には7番〜8番アイアン位の出球なんですこの感覚が皆さんの中にあるのかどうか 実際に計測器で計っても実距離でみても飛ぶのは間違えないのですが・・・

Waggleの誌面でも紹介しているように男女プロのイメージ弾道は中・低弾道が圧倒的に多く、お店に来ていただくお客様のイメージも同様のように感じます。 これがギャップの正体なんですがPGAツアーとかはどうなんだろう 僕自身が実際に見たことがないので(ここ数年)わかりませんが、映像や話を聞いている限り、日本よりこのギャップが少ないような・・・   気がします。(はい。想像ですが)

でぇ何が言いたいかと言うと、皆さんがドライバーの距離を考えた時に出球の高さとスピン量の固定観念をとっぱらってしまうと楽しいことが起こるかもっってことを言いたいなって  でも中断道でゴロゴロ転がると飛ぶのも真実だしどっちかハッキリとイメージした上でロフト探しをしてくださいね


結果がでればどっちでもいいんですから


streetmedia at 15:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索