2018年05月08日

CRAZY-8


雑誌の取材で初めて打って衝撃を感じて直ぐに試打シャフトを発注してしまったのがこのシャフトです

 1dcdc115.jpg











最初に言っておきます 価格は正直高いんです でもそこに応えるだけのポテンシャルはしっかりと秘めていると感じさせてくれます 

シャフト的には80tシートを使い50gを切る重さに仕上げる これは製造的には限界を超えた物づくりで、「よくできましたね」ってメーカーさんに聞いたところ製品に出来るものが極端に少ない工場泣かせ?? メーカー泣かせ??のシャフトのようです 数値的には50gを切る重さでトルク5台の先調子と至って普通なんですが打ってみると違いは歴然です。

1fccc878.jpg
僕自身はこのヘッドにSシャフトを組んで2ラウンド使ってみました。結果は「薄いあたりで今までの飛距離・くらったときは、ここまで来るんだって驚くくらい」でした 先調子というシャフトですが切り返しではシャフト全体で撓りパワーを貯めて一気に加速していく感覚はこのシャフトでしか味わえないところです 高弾性を使ったシャフト特有の「滑らかで澄んだ撓り」にスピード感をプラスした、まさに常識破りと言っていいシャフトです

ただ良い事ばかりじゃないのも当たり前の話で、一つは価格的な問題。もう一つは、どんなヘッドに入れるかによって適正な長さ・バランス・硬さが違ってくると思います。 これは求めるものが大きい(値段も高いし)からなおさらなんですが、このシャフトのポテンシャルを完全に引き出すには必要かなと思います。 でも魅力的なシャフトなのは間違えないので僕自身お財布と相談しながら同じシャフトをもう1本用意して違うヘッドで試したいと目論んんでいます   フジクラさんのダイアモンドスピーダー・・・  コンポジットさんのHR・・・ そしてこのCRAZY-8 シンカさんのJJでしょ。。。 他にも沢山ありますがシャフトが激熱になってきましたよ




streetmedia at 13:03|PermalinkComments(0)

2018年04月26日

三浦技研 MC-501


本当にブログを書く癖が遠のいてしまっています こんなんじゃいけないと何度も心に誓っているのに。。。 FBに簡単にUPして、やり遂げた気持ちになってしまう自分を猛省しています。

これからの時期はパーツブランドのニューモデルが出回ってくるので、少しづつでも記事にしていきたいと思います そんな中でニューモデルとは言えないかも知れませんが、久しぶりに素敵だと思ったアイアンがお客様の手に渡っています

4244823a.jpg317b1900.jpg












アイアンを「狙うクラブ」として考えた時には間違えなく候補の一つに入ってくるモデルだと思います  フェースのどこに目を向けても違和感を感じないスクエア感を出す曲線は素敵としか表現がありません もちろん打感や球質もこの雰囲気からイメージするものと違いが出ないのも流石の一言です 僕が練習好きでいたら間違えなく自分用に作っているアイアンです(三浦さんのアイアンを手にしていたのは20年前になるかなそれだけ練習を・・・) 

何度も口にしていますが「クラブは道具」ですから、使い手がどうしたいかによって好みも評価も変わってしまいます。でもこういうクラブはカッコいいですよね これに当たりキズが増えて打痕が染みついてきたりすると余計に
94d2d6ae.jpg










皆さんも色々な楽しみ方を妄想してクラブ選びしてくださいね


streetmedia at 20:10|PermalinkComments(0)

2018年04月05日

ROMAROさんから


もうすぐ発売されるこのアイアン

 b5419fa0.jpg













Ballista(バリスタ)501 IRON

バリスタと言えばウッド型と同じ構造で作ったアイアン型ハイブリットが先行して発売され上級者に支持されてきました。 そんなシリーズのアイアンですから当然やさしさは充分に感じさせながら、上級者ニーズにも応えた作りになっています

その一つがアンダーカット構造の軟鉄鍛造にしているところです。一体成型では出来ない位のアンダーカットなので球の上がりと初速を確保しなから打感はマイルドになっています また画像で見えるトゥ側のネジの他にネック最下部にも同じネジが付いていてバランスや捕まりを細かく調整できるようになっています これから発売されるEPON 5シリーズにもウエイト(ネジ)が設計されているように今後アイアンヘッドでも調整機能が付いていくものが増えていくのかもしれのせん。

またロマロさんには人気のウェッジシリーズがあるにも関わらず、このバリスタには51度57度も用意されています これはロフト調角をしても使いやすいように作りこまれていて、ウェッジ単品としても魅力的なヘッドに仕上がっています 試打用も含めて準備できるのはもう少し先になりますが、興味を持っていただきたいアイアンの一つなのは間違えありませんから楽しみにしていてくださいね




streetmedia at 19:09|PermalinkComments(0)
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ