2017年04月20日

Golf Pride TOUR SNSR


流行に乗ったわけではなく・・・

ずっと頭の中で温めていた事がズバリはまりました 



それは僕の大好きなこの子
600e1217.jpg86c6328b.jpg













この子はちょっと体重が重いのでシッカリと重量のあるグリップを入れたいなぁって


なので
9aafc805.jpg












このグリップを

この子も太目で体重もあるので、手元が浮かずにイメージ通りのインパクトになるしストロークの安定感もバッチリに  

マスターズでもそうでしたがマレット&太グリップは今の主流になりつつあります  その太いグリップの中には形状と重さの2つのワードがあります。 もちろん太くするだけでヘッドは軽く感じますし細くすればその逆に。現状では太くて軽いグリップ(スーパーストロークみたいに)なんかもあるので、自分のヘッドとの兼ね合いや感覚を信じて色々と試してみることを是非お勧めします


ガラッとイメージ変わりますからね  僕はしばらくこの組み合わせを手放せなくなりそうです


streetmedia at 16:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月16日

RODDIOさんから


発売されるユーティリティー の作り方と飛距離性能はモンスター級に

91d7c625.jpg










試作品の時から発売を楽しみにしていたヘッドです


モンスターの大きな理由の一つがこれっ
1992a960.jpg











このソールだけでヘッド重量の半分近くを占めているだけでなく、ソール肉厚も番手ごとに違うんですね 鉛の装着だけではなくフェース寄りにウエイトを仕込みやすくなったのも素敵   もちろん今まで通りスリーブによって調整が出来るのも嬉しいですよね  

さてこの大きさのソールを重くしたり番手によって肉厚を変えたりと言う事はそれだけコストがかかるという事で・・・(ナショナルブランドのFWでも高級なクラブには似たような手法が)  それをUTでやってしまうあたりがRODDIOさんならではって事ですよね
552262df.jpg











なのでヘッド上代45000円(税別・ヘッドカバー別売り)とかなり高級なUTですが、僕的には作り方を考えるとしょうがない価格かなと思います  性能的には自信をもってオススメ出来ますし飛ばす・強弾道・上げる等今まで以上の可能性を作り出せるクラブに仕上げていけるヘッドだと思います

定価の理由もクラブとしての存在感もパフォーマンスも併せ持っているのでモンスターなんです 正式な発売は5月中旬ですが興味のある方は是非試しに来てくださいね









streetmedia at 19:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月14日

Masda golf M425


発売されてから時間は経過していますがこのウェッジはずっと支持されていくんだろうなぁ っていうクラブがコレです
ba958859.jpg












M425   

このウェッジには巨匠とジャンボさんとの間で育んだノウハウがギッシリと詰め込まれています 今回作らせていただいたものは仕上げを銅メッキにしてあります

シャフトは
BlogPaint









はいっ 実はこのウェッジ用のシャフトもPGAツアーでの使用率がとっても高いんですよ


たまにはグリップも
a2d601db.jpg












IOMICさんのBlack Armyシリーズを


色々な考え方や視点がありますが、日本の芝(少し浮く)にはグースのウェッジがとてもシンプルに使えて打点が安定しやすくなります 皆さんも自分にとってシンプルに同じ動きのしやすい物を探していくと(難しく考えないでね)手放せないウェッジに巡り合う確率が上がりますよ 



streetmedia at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索