2019年03月05日

Fujikuraさんから

FUjikuraさんから今月、そして来月と注目のシャフトが発売されます

BlogPaint










それがこの2本です

発売順にお話しするとDAITONAはフジクラさんの中ではジュエルラインでの展開になります。特徴は「飛ばす」これを一番の目標に掲げたシャフトで、それを達成するために素材から徹底的にこだわり抜いてスピードを出せるシャフトになっています。 実際に打ってみると「曲がっても飛びを優先するシャフトです」って聞いていた割に「打ちやすいんです」もちろんスピード感と初速はシッカリと出ているのに扱いやすい 基本的にこのシャフトのようなEIが苦手な僕でもストレスなく打てちゃうくらいです。 このシャフトは1つの重量帯でフレックスがXXまであるので、切り返しでシャフトに負荷をかけない人は柔らかめ、逆にガッチリ負荷をかけられる人は硬めで選択したりすると、このシャフトの特徴が存分に味わえると思います。

次が注目のSLKです  このシャフトは少なからず僕にも関係性があるのですが、最大の特徴は「短くするためのシャフト」と言う部分です 短くするにはヘッド重量や硬さEIと色々な要素を考えなければ上手く機能しないのですが、このSLKがあればそれだけで全てが解決してしまいますこれはフジクラさんのテクノロジーにゼロからのデータ収集を重ねて出来上がった希望のシャフトです。実際に打ってみると小さいヘッドよりも圧倒的に「大きいヘッド」との相性がよく、その組み合わせにするとティーショットのストレスがゼロになるんじゃないかと言う位の衝撃でした そしてこれはヘッドスピードが速い方だけのシャフトではなく、一般的なゼクシオやMグローレなど「やさしい」と言われているクラブやそのターゲットゴルファーにも有効です。このタイプのクラブのクラブ長は45.5インチ前後が多いのですが、それを44.5インチ前後にしたら扱いやすさが上がりヘッドのポテンシャルを有効に使えるようになるという訳なんです 

こんな2つのシャフトはどちらも「飛距離」を出すためのシャフトだと僕は思っています ヘッドスピードに対して追及しているものと、ミート率に対して追及しているもの。どちらもボール初速を上げていくために違うアプローチをしてくれています 自分にとってどちらが有効なのかを考えられるようになったのは本当に今後のドライバーを変えていく土台かもしれません(言い過ぎかな) でも僕個人的には長尺&ローロフトのドライバーに、短尺&ハイロフトのドライバーの2本体制なんて夢があるなぁって妄想が始まっているくらいですから

皆さんも是非試してみてくださいね



streetmedia at 14:52|PermalinkComments(1)

2019年03月02日

色々なドライバーを打った中で

先月の1か月は僕個人的にも興味深い企画の仕事をたくさんさせていただけました。それは今発売しているドライバーのCT値をガチ測定した上での試打だったり、一度にナショナルブランドからパーツブランドまで同じタイミングで試打したりと 


その結果この1年の間に発売されているドライバーの「出来の良さ」に改めて納得したり、CT値を眺めて「ふ〜ん。。。」ってなったりと、とても勉強させていただきました。CT値と飛距離に関してはとても難しい部分があるので時期がきたら僕なりの見解をお話しできたらと思います。


そんな中でナショナルブランドが魅力的で優勢な感じだった今、この2つのヘッドの良さを改めて実感させられました
IMG_0483









煽りたい訳ではないので誤解しないで欲しいんですが、一度に沢山のヘッドを試して判る部分も多くこの2つのヘッドは凄く飛ぶとかより挙動がとても落ち着いているという事に驚かされたんです。飛ばすためには初速!! その初速を上げる為のインパクトの条件。 そしてスピードを上げる為のシャフト等々いろんな要素を積み上げていく中で挙動の安定はプラスαをするためには絶対に必要な要素だと思います。 もちろん他にも同じような働きをするヘッドはあるだろうし、その方にとって必要な働きをするヘッドの方が結果が良い事もあります。 そんな事を踏まえたうえで振りやすかったです

この事(色々な企画で知りえたこと)はこれから益々ナショナルブランドの魅力的なテクノロジーが発表されていく中で、パーツブランドのヘッドに希望と自信を感じさせてもらいました それと同時にもっと掘り下げて勉強しないとと改めて実感させられました それを少しづつでもお店のお客様やSNSを見てくださる皆様に還元していかないといけないですよね。


クラブは難しいけど面白楽しいですね






streetmedia at 21:28|PermalinkComments(2)

2019年02月17日

お勉強

お勉強をもっともっとしないといけないと思っています。


その一つが計測器。



計測器といっても多種多様にありますし今では弾道計測は当たり前になりつつあります。他にもスイング中の身体の動きやヘッドの動きそして体重移動まで可視化できる時代です。また先日発表されたキャロウェイさんのドライバーのようにAIを使ってとなると、これからどんな形になっていくのか予測も出来ない位です。そんなキャロウェイさんの発表会で「AIはとても優秀なスタッフなんです」そのスタッフをどんなふうに使っていくかが大切なんです(もし解釈が微妙に違っていたらごめんなさい)と話をしていました。 
そうなんです! 色々なタイプはありますが計測器も同じで優秀なスタッフなんですそのスタッフをどう使っていくかそしてそれを使って何を導き出していくかが本当に大切で重要な部分だと僕は思っています。スイング動画をスマホで簡単に撮れるようになったからと言って、それを見て誰でもセルフレッスンが出来たりするわけではないですよね それと同じように計測器で出た数値をどう解析して結果に生かしていくかを、もっと勉強していかないといけないなぁって強く感じています。

また今年のPGAショーで参加したKBSシャフトさんのセミナーで、アイアンの番手ごとに適正なスピン量になるようにTIPカットなど番手ごとに変化を付けているという話を聞きました。またフジクラさんチームとの会話の中で、アメリカのあるお店では「ドライバーとアイアンのヘッドスピードに共通性がないのでは?」というところから、同じアイアンシャフトでも長さを変えて試打クラブを用意して最適なものを探していくところがあるという興味深い話も聞かせていただきました。どちらも計測器がなければ出来ないフィッティングだし結果に対するアプローチに重点を置いているところなど僕自身も参考にしたいと思った内容でした

そんな背景もありながら、へそ曲がりな僕(屋内データとコースデータなどが著しく違う)みたいなタイプも必ずいると思うのでそんなタイプの方も考慮して色々なお勉強を続けて、どうやったら一番ストレスなく結果(ラウンドでの結果)に結び付けられるのかを探し続けたいと思います その為には計測器という優秀なスタッフの性格や傾向も含めて勉強しないとなんです

 

streetmedia at 17:14|PermalinkComments(1)
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ