2018年10月29日

カーボンクラウン

ヘッド構造や素材の変化が起こった時に大きな進化が起こってきたドライバーですが、既に行きついているのではっていう疑問の声もチラホラ聞こえてきたりしています。そんな中でここ数年はクラウンにカーボン素材を使っているヘッドが多数発表されています。 このカーボンクラウンは特別に新しい技術とは言えませんし、もともと薄く作られているクラウンなのでカーボン+接着+塗装でどれだけの重量マージンが取れるのかは正直僕も疑問に思っていたところです。ただどのメーカーさんの開発の方に聞いても重量の部分しか答えがなかったんです。


そんなモヤモヤしていた時間は今年発売されたヘッド達でスッキリとしてきました。その理由はもちろん数グラムの重量マージンも大切ですがそれよりももっと判りやすいものがドンドン発売されてきたからです。


例えば
IMG_0003このHONMAさんのツアーワールドに使われているクラウンは加工技術によって今までのカーボンクラウン部品よりも薄く作られています。手に持っただけで直ぐに判るほどの違いで、カットサンプルを見た時一番先に目に付いたのがクラウン裏の構造です。





他にも
IMG_0014ブリヂストンゴルフさんのTOUR-Bに搭載されているクラウンにはタイヤの技術が盛り込まれています。またクラウンの撓みと言う漠然とした話(撓んだら何故いいのか?)ではなく撓み戻りをコントロールすることによって、JGRのように寛容性や打出しを高くしたり、このTOUR-Bのように直進性(前に弾く)を高くしたりということをしてくれています。







さらに
IMG_0010テーラーさんのM GLOIREは機能だけではなく特殊な方法により織目をシッカリと生かした塗装が施され今までにないビジュアルを作り出しています。また爽快な音や打感も創り出しているところは今までにないヘッドと言っていいと思うところです。











重さ・機能・ビジュアルと代表的なモデルで説明させていただきましたが、これ以外のヘッドも確実に進化を遂げています。大きな構造・素材変化がなくても十分に進化していますので「何を打っても変わらないよ」とは言わず、自分の欲しいところ(飛距離・高さ・つかまり)を明確にして色々と試して欲しいです。重さやコンセプトが細分化した今のモデルの中に必ず結果を出してくれるクラブがあるはずですから






streetmedia at 19:30|PermalinkComments(1)

2018年10月26日

試打会について

いよいよ来週末に迫ってきて試打会についてFBでは告知させていただいていますが、こちらでも書かせていただきます。


今年で10回目を迎えるのですが始めた時の僕の想いは幾つかありました。1つはちょうどそのころネット上での掲示板やブログで様々なパーツの情報が氾濫していました。その情報だけを頼りに高額な買い物をするのではなく実際に体感して楽しんで欲しいという気持ち。そしてそれを体感していただくには1ショップの試打クラブとして用意するには限界があるといことで各メーカーさんにお話をさせていただいたんです。それに同じタイミングで打ち比べ出来た方が違いが判りやすくなりますからね!! なので今でもそうですが同業者の方も遠慮なく呼んでくださいねってメーカーさんにはお話しています(きっと同じ思いの方もいると)できる事ならお客様を一緒に連れてきてフィッテイングしていけばといいのにって言っていました。 それにお店の立場としても実際に試打して情報を集められるチャンスですからね。 後は僕が言える立場ではありませんがその当時はメーカーさん同士も直に交流して情報交換して欲しいという想いもあったんです。どの立場でもそうですが他所の悪いところを指摘して自分の優位性を上げるのではなく良いところを見て取り入れていって欲しかったし、今では当たり前になっていますがヘッドメーカーさんとシャフトメーカーさんで、パーツのやり取りをして試打クラブに反映させてお互いの情報を共有する橋渡し役になったりと。。。 とにかくどの立場の方たちも情報交換ができてメリットが出たらいいなって始めさせていただいたんです。 その想いは今も変わりません!! 変わったことは時代の変化でナショナルブランドのパーツやシャフトが発売されてきたので参加していただいたり、今年はゴルフドゥさんやブリヂストンゴルフさんにはボールフィッティングも開催していただけることになっています。ご来場いただくお客様もメーカーさんも僕達お店サイドも、みんなが楽しく情報を得られる場に出来たらと思います。 

そんな試打会に参加していただけるメーカーさんは
IMG_3795













こんな感じです。 会場となるジャパンゴルフさんの1階打席を全て貸し切って開催するので、今ではこれが限界の数となりました。 こうして10回という数を重ねられたのもご来場いただく皆様や協力していただけるメーカーさん、会場を提供してくれるジャパンゴルフさんのおかげです。そんな皆様で今年も楽しい1日に出来たらと思っていますのでどうぞよろしくお願い致します。 


ブリヂストンゴルフさんのボールフィッティングをご希望のお客様は当日の先着順となります。出来たら今お使いのクラブをお持ちいただいた方がいいのでよろしくお願い致します。


streetmedia at 20:28|PermalinkComments(0)

2018年10月22日

PRGR TUNE

前回ナショナルブランドとパーツブランドの違いについて簡単にお話をさせていただきました。そんな中でこんな面白いブランドもあるんです


それがこちら
IMG_3829













画像は一番最近発売された05というタイプで、投影面積も大きくシャローなヘッドで「安心感とやさしさ」そしてPRGRさんらしい飛びの部分も併せ持っています。性能的には深重心&大きな重心アングルに広い高初速エリアとパーツブランドには少ないタイプのヘッドです。色々と調整自由度の高いヘッドですが基本的にはヘッド重量も軽めなので長めのレングスでのドライバーですが、投影面積が大きいので46インチ(60度法)でも全く長さに違和感を感じない位です。このPRGR TUNEはこの他にも2つのドライバーヘッドやプロが使用して話題になっていたアイアンなと毎年アイテムを増やしてくれています。

このようにナショナルブランドの開発背景を使いながらパーツとして供給してくれるブランドは、両方の良いところを使えるので魅力的なパーツが多いのも事実です。PRGR TUNEさんの他にもRODDIOさんもそうだし、ある意味EPONさんもそういう要素が大きいメーカーさんだと思います。こう見るとパーツブランドとしては人気のところだなぁなんて思います

もちろんそれが一番いい訳ではないし反対に僕の大好きな個性的な物づくりであったり、ある部分をトコトン追及しているパーツブランドも沢山あるので、クラブだけではなくそのメーカーさんの特徴なんかもここで紹介させていただいていきますね




streetmedia at 20:51|PermalinkComments(0)
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ