2017年09月09日

ROMARO Ballista


UTがとても熱い(豊富なラインナップ)今年のパーツですが、かなり狭いターゲットに向けているモデルがBallista(バリスタ)なんです 


ROMAROさんのカタログの中でも「必要とする人のために・・・」ってフレーズで紹介されています。実際にお店でもオススメできるお客様は少数派なんです。

っで今回は
2eccd767.jpg59f39fd6.jpg












前回に作ったクラブを打ったお友達からもご注文いただきました

まぁシャフトを見て判る通り「必要とする人は・・・」は左を嫌い必要な距離のキャリーでグリーンを狙いたい方なんです 決してハードヒッター専用ではありません その証拠にヘッドはウッド型UTで数々の実績を上げているチタンカップフェース&ステンレスボディに可変硬化フェースを採用しているので打出しもシッカリと出てスピンも入ります 

ただ形状からも予想できる通りウッドからの流れのUTではなく、アイアンからの流れなので同ロフトでもウッド型に比べると飛距離は抑えられている感じです なのでフック系のゴルファーでアイアンからの流れでプラスしたい方には是非というモデルです

実際にはアイアン型UTを使いたいんだけど難しいからっと消化不良のままウッド型UTを使っている方にもオススメ出来るので心当たりのある方は是非試してみてくださいね

このタイプって市場には無いクラブですからね



streetmedia at 13:18|PermalinkComments(0)

2017年09月03日

ROMARO TYPE-R & ファイアーDGL90


アイアンに何を求めるか

それによって選択肢が変わってきます。飛距離を求めるならロフト&設計だろうし、打感を求めるならソール&構造になってくるし顔は好みなので・・・
本当に選択肢が増えたメリットと選びきれないデメリットが同居しているような

そんな中で
1e0eb6a3.jpg524ef1b7.jpg












この子は全ての項目ににおいて高得点を付けて上げられるクラブだと思います チタンフェースのヘッドとしては本当にギリギリのラインまで接合部を下げた事によって、フェース下部での当たりでもシッカリと弾き縦距離の差が少なく、これ系のヘッドにありがちな重心が低すぎることによって起こるポッコン系はタングステンの位置を高くすることで解消しています。 つまり上下左右のオフセンターヒットに寛大なヘッドに仕上がっているんです。ロフト的には今ではチョイ立ち位ですが、球の高さが出る分ロフトより飛ぶ印象を受けます つまりヘッドスピードに関係なくメリットが多いとってもニュートラルなヘッドなんです。 

僕的に感じる印象としてですが同一サイズのヘッド比較してシャフトに負荷が、多くかかる印象を打っていて感じるので、その辺りはシャフトやバランス、もしくはグリップなどで感覚を合わせていくと良いんじゃないかなって思っています

最大の難点は構造上の問題で調角が出来ないという事ですがそこを差し引いてもメリットの大きいクラブなので是非試してみてくださいね 
 

streetmedia at 18:25|PermalinkComments(0)

2017年08月30日

MCIブラック


とってもチャレンジ精神あふれる商材を常に提供してくれるフジクラさん それがシッカリと支持されているところがまた凄いところです

そんなフジクラさんから発売されている
5a6f738f.jpg













MCI BLACK
皆さんもご存知かもしれませんがバランスが0.5ポイントづつフローしていくシャフトです。これによって自分の使いたい重量のカーボンシャフトを使ったときに起こりがちな上に合わせると下が軽く感じる下に合わせると上がかったるいってような事をなくして気持ちよくカーボンの長所を体感できるように設計されています。もちろんそのように組み付けてもいいんですが、僕個人的には少しだけ違和感を感じるんです 違和感の一つはセットの中でアイアンだけ浮いて感じる事とMCI BLACKのロングアイアンだけ打っていると良いんですが、UTとかから持ちかえると軽く感じたりという部分。。。

重さと剛性感と振り感を合わせるのはとっても難しいところで、フジクラさんはMCTを開発したことで色々な事が可能になったんですがもっと上手にこのシャフトを使えないかなって考えたのが長さのフローに置き換える事なんです。 決して目新しい事ではないので僕が考えたことでは決してありませんが単純に8/6ピッチにしてロングアイアンが長くなるって組み方に 
f1d78a6b.jpg













今回のご依頼はAF-703だったので、こんな大型ヘッドやロングアイアンを抜く前提の方にはUTからのつながりを含めて全体がまとまってくる結果になっていますもともとMCI BLACKの重さは番手間で綺麗にフローさせている訳ではないので振り感と結果を出すための一つとして見ていただければです。

そんなことを常に考えていると一つの妄想が固まってきます
ドライバーやFWは安定感と飛距離のバランスを重視して軽く短くてもバランスがでるものに。
UTはロングアイアンからミドルの入り口まで32-3度かな。シャフトは重量フローさせたいな!
アイアンは大き目のヘッドで7番以下にして少し長く。
ウェッジは3本以上にして撓り感と先重なシャフトに。。。

何かすごーく簡単にラウンドできそうでしょ これフジクラさんなら作れそうだし(MCTをフル活用)試しにセットでやってみませんかテスターはもちろん僕で ある意味・・・  僕にとって都合良い(自分の打ちやすい)セットになってますけどね



streetmedia at 19:22|PermalinkComments(0)
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ