2009年10月09日

TOUR AD DIシリーズ

先日DIシリーズを打つ機会があったので、その時の感想を

「打ちやすい・扱いやすい」この2点でした

正直なところ・・・ここ何年間かのグラファイトのシャフトは偏ったタイプの方にしか合わない印象が強く???でした(あくまでも個人的な見解です)

どう偏っていたかというとヘッドスピードの速い人が好む特徴と遅いタイプが好む特徴が混ざって喧嘩しているような・・・なので実際、フィッティングをしていて、自信を持ってお薦めしたかたは数人だったはずです。
これは自分の技量が足りなくシャフトの性能を生かす方法が解らずにいたせいかもしれません。でも結果を出せる自信がないので違うものをお薦めしてきました。

でも今回の「DIシリーズ」は久々のヒット(M・PTシリーズ以来)

良い感じでどのスピードで打ってもインパクトが合って気持よくフィニッシュまで振りぬけます 基本的には手元が緩めのタイプですが、今までになく「しなり」のクセがないので幅広く結果が期待できそうです 

ilimaと似た味付けですが・・・バランスポイントも違うので振り心地は全く違うものになります。今の時点では細かなところまでまだ理解しきれていないので、ごめんなさい色んな事を試したらまた報告しまぁす


streetmedia at 11:47│Comments(0)TrackBack(0) シャフト 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ