2012年06月

2012年06月27日

今日は。。。



シャフトのテスト取材



興味深いとこで楽しみなんですけど…


この 過酷な予感が



頑張ってきます


streetmedia at 08:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月26日

Romaro



神奈川のI様のクラブです

8b7d62b2.jpgd0f18801.jpg










なんか久々にこのアイアンをUPするような


えっと・・・


昨日のドライバーのお話とほぼ同じような事がアイアンにもあるんです そしてアイアンの場合右・左よりも大切な入射角の違いが
これはハーフウェイダウンの時のポジションによって鋭角(ダウンプロー)に入りやすいタイプと緩やか(ボールだけ拾う)になるタイプに分かれます どちらが良いと言う話ではなく・・・
そこを理解していないとターフは取れない位置からヘッドがボールに向かってくるのにターフをとろうとして無駄な動きを加えたり反対も一緒です。。。  自分的には自然な動きを理解したうえで短所を補ったり長所を伸ばすクラブにしてあげたら良いなって

I様も今までとはタイプ違いのこのアイアンに変えていただいて・・・


での変化を体感してもらえると思います  今晩ご来店予定なので初打ちが今から楽しみです


streetmedia at 15:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ROMARO | 日本シャフト

2012年06月25日

ヘッド交換。。。



今の1Wに何の問題もないけど・・・


シャフト1本余ってるし・・・


何かしたいな。。。


ってことでだったら今のヘッド(AF-151 9.5度)とタイプ違いの子を
11863d34.jpg
スピン量少なくて。。。

左に行きにくくて。。。

初速がでやすい。。。




このヘッドに余ってたこの・・・
78128cfb.jpg
ん〜。。。


完璧なドロー打ちの1本に





仕上がりましたよH様

今日のでいきなりの実戦投入 結果は「どっか行くわけじゃないし・・・ 飛んでるし・・・ でもちょっと右にでるんだよね。。。」って歯切れの悪い感想でした

そしてお話をさせていただいて納得してもらったかな。。。  

H様ではないお客様とも今日そんな話になったので、どんなお話かと言うと・・・

スイング的にドロー打ちの方はミスが右に出て行きやすい物に。
フェード打ちの方はミスが左に出て行きやすい物に。

って事なんですが、これは出球を揃える事とハーフウェイダウンの時のフェースの向きが関係しています。基本ドローはボールに向かってフェイスが開いてコンタクトして閉じて行きます。逆にフェードはフェイスが閉じてコンタクトしてそのまま抜けて行きます。なのでフェイスの向きの方向に出球が出やすいクラブに  正直ここを逆にイメージしている方が多いのです・・・
イメージしにくい方は卓球のラケットとピンポン玉で回転のイメージを。。。(余計に解らないとか)
つっつまり 逆にフェードを開いてボールにコンタクトしていくと単なるカットになって右から右に 反対にドローを閉じて行くと左から左になります。。。  なので基本打ちたい球筋の方向に出球がてることが大前提になるんです


ただ沢山の方を見てきた中でお話しすると、その違うクラブの動きから身体をねじったり、開いたりして帳尻を合わせて真っ直ぐに打っている方が多いんです  そんなことを一つ一つ共通の認識にしながらベストなクラブを作っていきたいなと なので身体の動きも大切ですがクラブ(ヘッド)動きを認識して意識出来るとスイングに迷いが無くなってアプローチも多彩な事が出来る

かもです


話がかなり横道に反れましたがとにかくヘッドを変えてドローのイメージが出やすい1本に仕上がりました



streetmedia at 21:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ROMARO 

チーム木更津その2


はい 続いてはO様の奥様のクラブです


まずは
2eb47237.jpgbd975fd6.jpg









欠品続きで泣かされているこの子


そして
3e08797d.jpg1bfee52d.jpg









この他に当然のようにRomaroのUT24も


奥様も振れるんです  とっても  

ですが・・・

とっても軟らかいクラブをお使いの期間が長かったのでシャフトを撓らせないようなスイングに。。。なのでこのセットは勝手に振れちゃう振りたくなる振らないと飛ばなく感じるセットに。。。

正直なところ初打ちをして頂いた時も一番長い1Wは少し手こずっている感じが・・・  でも助走(テークバック)から加速してきてシャフトを撓らせられて振れた時は  逆に今までのようにシャフトを撓らせないように振った時は当然  Tプロからもいただいてお話し(確認)したんですが5Wまで問題なしと言う事なのできっと直ぐに慣れるかなって思ってます。自分の見た目ではもっとハードにしてもOKな位のポテンシャルをお持ちなので



もし振りにくかったら・・・


違う方法で振れるように 次の対策を立てて行きますから安心して下さいね



streetmedia at 20:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

EPON-チーム木更津


久々かなチーム木更津O様のクラブです


まずは

2c133f3e.jpg9588fccc.jpg









定番と言える安定度

そして
930407a2.jpgb30b748e.jpg









個人的にも大好きなヘッド&シャフト

そしてそして
6e1fdabc.jpg11609dae.jpg









この子は忘れちゃいけません


この他に210KGXの50&56も作らせていただきました


普通だと・・・

初めてのお客様でここまでまとめてお作りすることはしないのですが(1つづつ結果を見て)度々登場するTプロとO様と3人で相談させていただいて・・・

「どうせ作るんだからスッキリさせましょ

って言うTプロ言葉を受けて一気にセットを作らせていただきました  O様はインパクトエリアの捌きがなんですが今まで使っていたクラブだと軽くて軟らかくて左になのでスピードもローテーションも抑えて(長所を消して)スイングしていました。 なので気持ちよく身体の前で捌けるクラブに  初打ちの時(練習場)は全部のクラブが10〜15ヤード位右に。。。 「全部同じとこにいくね」って言いながら終盤にはかなり良い感じのドローに  ほぼイメージ通りの感じで振れていました

これで球を打つのが楽しくなってくれたらいいなって


そしてもう1セット奥様のクラブに続きます

streetmedia at 12:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) EPON | コンポジットテクノ
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ