2013年10月

2013年10月29日

今日は・・・


898bed7c.jpg






こちらの取材で・・・


dbd9d20d.jpg







平川カントリーさんにお邪魔していました


今日の天気予報では雨はそんなに・・・
だったのに結構な雨が。。。

おかしいな・・・


って思っていたら
efc8cbc6.jpg
このパワー


QPさんも取材にきていたんですね









恐るべし。。。



そしてもっと恐ろしいことに、このお方がクラブハウスに入ると雨はピタリとやんでしまう  まぁそのおかげでこちらの撮影は無事に終わったんですけどね


そんなROMAROさんからは
8f3c2a2b.jpg
こんなドライバーも


ギリギリです






ちなみにこれは自分用



まぁなんにしても無事に終わってよかったよかった

streetmedia at 18:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年10月28日

BAHAMA & QUALEZER


ちょっと新しい組み合わせ

81b257bf.jpg5eb1c572.jpg













前モデルも個人的にかなりお気に入りだったバハマの第2作目に、ドラコンで定評のあるこのシャフトで


お店の試打にはスピーダーで組んであるんですが、このヘッドの挙動なら・・・


ちょっと長くして面白いことがって  完成後このクラブの主にお願いして打たせていただくとイメージ通りの豪球が 散らかる感じもないので、とっても面白いクラブに仕上がりました


やっぱ・・・


長いの楽しいな

streetmedia at 12:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年10月27日

EPON AF-153 & AF-202



ジャン

21049035.jpgb27ffc78.jpg













諸事情により主のイニシャルは。。。


にしても

AF-153は見込みどうり評判いいですね  この顔であの球質になるなんて拍手

そして高性能(高級)FWのきっかけを作ったといっても良いAF-202 今の流れを考えると間違ってなかったなって(誰に言ってんだ??) ROMAROのUTでもお話しましたが、良い物は時間が経過しても良い自信をもって言えるヘッドが多くなっていくことが本当に嬉しいですね

今までのスタンダードを打ち壊すような物もあれば、丹念に作りこんだ逸品もそんな風に色々なバリエーションのヘッドやシャフトがドンドン増えていくことを願います


試打クラブ貧乏になっちゃうけど


streetmedia at 19:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) EPON | コンポジットテクノ

2013年10月26日

ROMARO & FE



完成です

23f2055f.jpg7e487af5.jpg













このクラブはI様のクラブで、直ぐに打席で打っていただきOKいただきました


ヘッドは発売からずっと人気を維持しているREY TYPE-Rが登場した今でもほぼ同じくらいの比率です。その理由はヘッド特性が違うから 当たり前じゃんって言われそうですが・・・
この当たり前がなかなかね  新しいからいいって言う、合ってるのか外れてるのか解らない言葉が

とにかく使う方のリクエストやスイングに、そして結果が出るようなクラブを提供したいですよね なので良いヘッドは何年経っても支持されてます

それから

今まで欲しくて欲しくてしょうがなかったとこ FE UTの80g台  やっと登場したので自信をもっておすすめしています


明日ので活躍してくれるはず・・・   です



streetmedia at 21:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ROMARO | コンポジットテクノ

2013年10月25日

疑問。。。



ずっとくすぶっているモヤモヤ。。。


それはカチャカチャ系のシャフトについて。。。


何かって


えっとですね ソールデザインの影響が大きいのかな? 
地面から見たときのシャフトの位置の問題。  ネジの部分があるのでどうしてもカチャカチャのないものより地面からみたら高い位置に。  ドライバーで言うと最近のSLDRなんかはかなり・・・ 他にはプロパー品のFWとかもね。

以前取材で・・・
ヘッドスピードの速い方は理屈抜きでシャフトに近いところに打点がある方がコントロールしやすくなると幾つかの開発者の方に聞いた記憶が。 ってことはヘッド重量の重いFWなどは負荷が強くかかるからどうなるんだろ

って。。。

カチャカチャが悪いとかじゃなくてですよ ヘッドの進化に対応していくために、どういう変化が起こってどんな対応をしていくことがいいのかなって。 ただこれを検証していくには難しいんだな(同一ヘッドでカチャカチャあるなしとか) 

振動数とか考えないでTIPカットすると・・・

とかね

プレーヤー目線になれば打って結果とフィーリングが良ければなんでもいいんです ただ作る立場だと傾向は常に考えないと 道具の進化に対応して上手にお料理していくためには新しい規格も必要になるかもだし。。。

そのうちカチャカチャ専用シャフトなんてのも登場してきたりして



まぁなんにしても試してみたいことが多すぎて時間が足りなぁい




独り言でした。。。

streetmedia at 16:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索