2014年12月

2014年12月31日

ありがとうございました。


今年もいよいよ今日で終わりに。。。

あっという間の1年でした。そんな慌ただしい1年を過ごせるのも皆さんのおかげだと本当に感謝しています。1年1年少しづつでも成長できたらとそして初心を絶対に忘れないように心掛けてきました。この気持ちはこれからも変わらずに出来ることを1つづつ努力していきたいと思います。

今年1年ほんとうにありがとうございました。

良いお年をお迎えください。



ゴルフショップマジック 鹿又芳典


streetmedia at 14:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月29日

EPON AF703 & zelos 8



なんとか年内にお渡しできることが


9696e02a.jpg7d6422ba.jpg













何も言わなくても良いのがわかってるAF-703に来年の話題の中心になるであろうzelos8を

このシャフトは基本zelos7の撓り感は継承していますが、その中にシッカリとシャフトの芯を感じられるシャフトこういうシャフトはスイングスピードを変化させてもインパクトタイミングがズレてこないので、距離を打ち分けていくアイアンのシャフトとしては申し分ないです 

ドライバーの軽量・長尺化に伴って相性の良い軽量スチールがここに変化してくるのではないかなって






streetmedia at 17:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月28日

アイアンの顔。。。


このブログを見ていただいている皆さんは「アイアンの顔は」って聞いたら何をイメージしますか?

アドレスした時の見え方 それともバックフェース


何でこんなことをって思うかもしれませんが、僕の感覚で「アイアンの顔」と言えばアドレスした時の見え方なんですが最近そうではないという話を・・・
9d7a0b65.jpg
これね 細かく挙げるとキリがありませんが、全体のシルエットやネックからのつながり。スコアラインの位置や幅、トップブレードの頂点の位置から・・・

顔を作る要素は限りなくあって、そのつながりとバランスによって色々な見え方にまたメーカーさんによっても特色がでるので顔っていうとこちら側をイメージしてしまいます





ですが
5c04db86.jpg
こちら側を見て「これは良い顔だね」っていう方の方が多いですよって。。。

この話は世界のK原くんから聞いてQPさんも増田さんも驚いたって次第なんですが





でぇ

何が言いたいかって言うと「それは違うよ」って事ではなく、その位バックフェース(あえてここではそう言います)のデザインがゴルファーの心を揺さぶっているんだなってことを自分たちがもっと認識しなくてはいけないんだなって 例えば雑誌の企画で「アイアンの良い顔特集」ってやったとしてアドレスカットばかりでは的外れに お店で「良い顔でしょ」って説明しててもになってのかもって。。。

ただ 僕たちがアドレスカットからのクラブの機能や特徴そして球質のイメージなどをきちんと伝えていかなければいけないことも大切なことなのです  なので新しいゴルファーの感覚を理解したうえで昔からの感覚を新しいゴルファーに伝えていかないといけないなって

それにしても固定観念?先入観?って気を付けないといけないなって常にフラットな感覚でいないと新しい感覚も吸収できないなぁって強く感じました。  


ちなみに同じようにドライバーはソールのデザインが「顔」になっているそうです



streetmedia at 18:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月26日

年末・・・



皆さんは今日が仕事納めでしょうか?


僕自身は・・・
3db8002e.jpg








例年通りの31日まで。。。


最後の最後までパタパタしながら気合で乗り切りたいと思います

streetmedia at 16:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月25日

マスダゴルフ CB-01



やっと世に出てきました

16e25d37.jpg










CB-01

増田さんと懇意にそせていただいて、お話を聞けば聞くほど引き込まれる  それはやっぱりジャンボさんを陰で支え続けてきた経験と情熱から滲み出てくるところ。。。  数年前は「うち(マスダゴルフ)には臨まれてないでしょ」って笑ってお話してくれていましたが、僕自身はやさしいクラブに増田さんの感性を入れて創り上げたら凄いの出来るだろうなって妄想していました 妄想していた理由は僕の想像でしかないので書きませんが作ってくださいよ〜って言っていたのを思い出します。。。

このヘッドの特徴と言えば
4b17632d.jpgこのアンダーカットキャビティ

この製法により打感は損なわずにスポットの広さを

吸い付くような打感への拘りも増田さんならではかな





そして増田さんと言えばコレッ

BlogPaint
グースネック

それも決してカブラナイグースネック

ジャンボさんのクラブが好きだった方なら判っていただけると思いますが、アドレスしやすく球を押し込んでいくイメージが







こんな素敵なヘッドが作り出されてきました  試打したら直ぐに報告しますからね




streetmedia at 20:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ