2015年05月

2015年05月30日

RODDIO祭り


ここにきて本当に結果が出ています  RODDIOの物づくりの拘りがジワジワと浸透して

5cef509f.jpgf9875cfe.jpg











タイプMの飛距離性能も

01545736.jpg9f2c45e3.jpg











a473fc0d.jpg14111b01.jpg











タイプSの打感と操作性も 支持されています


そして
834031aa.jpg50deb0d1.jpg












アイアンも  この組み合わせ綺麗だなぁ


しっかりとしたコンセプトに基づいた丁寧な物づくり。 感謝です



streetmedia at 12:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月25日

海を渡って・・・


色々なご縁で繋がらせていただいたY様。 きっと首をながぁくしてお待ちいただいて取れちゃうんじゃないかってタイミングで完成できました

まずは

9e8fdc3d.jpgadcb9fb6.jpg












ある意味、鉄板の組み合わせ  ネックからヘッドへの流れにうっとりできるヘッドにその良さを最大限引き出してくれるシャフト この重さが振れる方には是非試していただきたいクラブです

そして
7ac6bbda.jpg









この子達も

RODDIOの打感と扱いやすさ&飛距離性能。このバランスの良さに驚かれる方も多いです そんな子達に内緒の1本も忍ばせて海を渡って今日お手元に  これでゴルフが楽しくなってくれたら本当に嬉しいです


今度みんなでラウンドしましょうね

streetmedia at 19:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月19日

ROMAROさんの


撮影を相模湖カントリーで終わらせ・・・

極渋滞の中央道を走り お店に戻って頑張っています。。。


はい  効率の悪さはよくわかっていますから・・・


ってことじゃなくて

今日の撮影でもこの子の出来の良さを更に実感したのが
0d3def4f.jpg

この子


既に白浜プロも実戦投入しているそうですが本当に出来のいい子で


どんな風に出来がいいかと言うと



アドレスカットは
BlogPaint
こんな感じで投影面積も大きくてやさしそうだな って位のかんじなんですが、実際に打つと球質は強くて上がるんです 僕のヘッドスピードで下目に当たっても、上がって前にこれはFWにとって魅力的なこと それにソール幅が広くても後方が落っこちて当たるなんて動きは一切ありません

白浜プロにとっては「吹かせることも飛ばすことも出来ますよ」って目の前でビシビシと素敵な球質を見せていただけたりと






こればっかりは本当に打ってみないと信用してもらえないと思うので 是非機会があったら・・・  嫌っ機会を作って試打してみてくださいね 

streetmedia at 21:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月17日

JUSTICK


JUSTICKさんから・・・

ダイナマイト級に面白いクラブが

4e770224.jpg
数年前に社長とお話していて

「鹿又さん15度のUTってどう思います?」

って聞かれて即答で「上がらないでしょ使える人は限られてるし」ってお話した記憶が。。。


実際ROMAROのUTが発売されるまでは20度より立ったロフトのUTはNGとしてきました。その壁をぶち破ったのがREYシリーズなんですが、今度はJUSTICKさんが18度の壁を破ってくれました

94cffab5.jpg
僕のヘッドスピードでも上がります

上がっちゃうんです その為に1Wと同じ材料使いをして高額なUTヘッドになってしまいましたが、これは理由のある金額で納得なんです。

こんなクラブが出来たことでFWがどうしても苦手な方には本当に救世主になってくれるはずです




自分自身も未知の領域のクラブなので、これからシャフト・マッチング等いろいろと試していきたいと思います


このクラブで全部ティーショット打てたりしたら(距離もでて)また違う意味でゴルフが変わりますね

streetmedia at 19:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月16日

とっても速い方が



来ていただきました


ご縁を辿ると・・・
ゴルフバカの遠藤会長やイオミックの清水くんとのご縁で

4e783dbb.jpg










レーサーの脇坂寿一さんに  以前色々とお話させていただいた時(お店じゃないとこ)に感性の鋭さに驚いていたんですが、今回実際に球を打っていただいて色々お話をしていくと・・・

その感覚の鋭さは今まで僕が接してきた方々の中でもベスト3に入るくらいです(ちなみに1人はプロゴルファーで、もう一人は陸上の選手です) でも当たり前なのかな普通の人が知らない?見えない領域で戦っているってことはその感覚の研ぎ澄まされ方は僕の想像の範囲を超えているんですよね  

そんな脇坂さんの感性に同調できるクラブを創り上げたいなって  話し合い(感覚のすり合わせ)の結果、アイアンのヘッドはEPON。シャフトは日本シャフトのMODUSに そしてUTのヘッドはROMARO、シャフトはファイアーで決定しました もちろんグリップはIOMICに。 あとはそのパーツをどんなクラブに仕上げていくかは僕の感性で    


色んな意味でとっても楽しみです

streetmedia at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ