2015年12月

2015年12月31日

ありがとうございました


 0690539e.jpg









今年も無事に終えることが出来ました。

こうして仕事を続けていけるのも、お客様やメディアの方々やメーカーのさんなど本当にたくさんの皆さんのご理解と協力で成り立たせていただいています。 一つ一つのご縁を大切にして一つ一つの仕事を精一杯頑張っています。  この気持ちと初心を絶対に忘れずに精進していきますのでこれからもよろしくお願い致します。



今年1年間ありがとうございました。

2016年が皆様にとって良い年になりますように。



ゴルフショップマジック 鹿又


streetmedia at 15:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月25日

マスダゴルフ


はい。巨匠のブランドと言えばやっぱり

これっ
17299db9.jpg








STUDIO-1です

もちろん基本性能とデザインの良さは当たり前なんですが 画像のように銅メッキにしたり・・・
aef561e4.jpg











彫刻を楽しんだりと遊びごごろも満載 ちなみに・・・
24426c3a.jpg











このパターの主の☆さんはファイアーのシャフトを マスダさんのカーボンシャフトもありますが、何故かと言うと見た目     これもクラブの楽しみ方の一つです


他にも
71fe577e.jpg











ドットの色を変えるだけでも印象はガラッと変わります

そしてそんな子達に人気のグリップが
987132ec.jpg








GRIP MASTER

理由は握った感じもなんですがやっばり見た目で



こんな楽しみ方もゴルフの一つです



streetmedia at 16:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月16日

RAZZLE DAZZLE

今日の取材で山は越えたかな。。。

たぶん


さてそんな忙しい中でをしていると・・・
(もちろん練習なんてできてない)

せっかくなので色々なクラブを試そうととっかえひっかえ持っていっている中で、手放せなくなってしまったクラブがコレです


18e12b77.jpg

何が良いってバンス&ソールの抜け方

多すぎるんじゃないのって思う方もいると思いますが、特に今の時期のようにペタペタの芝で下がゆるいコンディションではチャックリ警報がアドレスした瞬間に

そんな悪条件で威力を発揮してくれます




もちろんスイングタイプによって合わない方もいらっしゃいますが、僕個人的にしばらく使っているクラブになりました


 

streetmedia at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月14日

デザインチューニング&RAZZLE DAZZLE


年末進行・・・

と言う名の忙しさ。  特に今週が個人的には取材ピークなので連日あっちにいったりこっちにいったりした後でお店に戻る   という日の繰り返し  気合で乗り切りたいと思います(それしか術を知らない)



ってことより本題です
c5a2a7e0.jpgA様のクラブなんですが、突っ込みどころが満載


どこからかというと








まずここ
404149e0.jpg
デザインチューニングさんから発売された

MODUS

ゴルフも上手なんですが、それ以上にクラブも大好きなA様にはグッとくるものが 



そしてもう一つ
fabd616b.jpg
RAZZLE DAZZLE(ラズルダズル)さんから発売された限定ウェッジ バックフェースのCNC跡なんかもグッときます


もちろんこの子はビジュアルだけではなく使ってもバンスの当たり方やフェースの乗り方なんかは冬芝にはもってこいです





でぇ

画像を見ていただいて分かるように、グリップ・シャフトデザイン・ソケットとイメージは赤と黒  とってもインパクトのあるセットに仕上がりました


Aさぁ〜ん。  気に入っていただけましたか〜っ


streetmedia at 19:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月04日

ムジークさんの・・・


On The Screwを 打ってきました。
04df8d17.jpg
先日記事にした通り、試打で気に入って作ってしまったこのクラブ 結果から言うと期待道理の働きをしてくれました

捕まりがよくスペル感じもなく、スピン量が少なめのドロ〜ンとした球質で本当に扱いやすいクラブでした






7a48e2c7.jpgウエイトねじを3本重いものに変えて(重量調整のため)作ったのですが、パーツブランドのヘッドたちの中では比較的に捕まる方向に向いているヘッドです。なので長めに組んでも扱いやすいクラブに仕上がりそうな予感 









でぇ

ここからは少しだけ違うお話ですが、捕まるヘッドVS捕まらないヘッドについて。  この捕まる捕まらないはあくまでも皆さん個人個人の感覚で想像していただいて大丈夫です。  まずは捕まるヘッドは当然、右のミスが多い方に有効なクラブなんですが、もう一つの側面として安定した結果を作りやすいヘッドとも言えます。理由はゴルファー心理的に曲げたくないときにヘッドを真っ直ぐに動かそうとします。この動きはヘッド的には開く方向に動くことになるので、もともと捕まる性格のヘッドの方がコントロールしやすくなります。

反対に捕まらないヘッドは左のミスに強い側面と、右に行こうとする球を上手に捕まえると(ターンを激しくとか少しアッパー軌道とか)飛距離が出やすいという事が起こります。 少し前だと飛ぶFWにこの傾向が多くみられたと記憶しています

何度も言いますがこれは皆さん個人にとっての捕まる捕まらないという感覚で考えてくださいね   じゃあそういう傾向しかないのかというとそうじゃないのがクラブの面白いところで左に行きやすいクラブを警戒しすぎて右にプッシュしたり左に行かないクラブを捕まえに行ってスピン&打出し角不足でチーピンしたり反対の結果になってしまうこともあります 

なので大切な事は自分にとっての捕まり感を大切にすること(レベルは関係ないですよ)ミスの傾向と原因を正しく理解してクラブを探してあげることですってことで本題に戻ってこのオンザスクリューは重さとロフトによってかなり使い勝手の良いヘッドになりそうです




streetmedia at 17:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ