2016年05月

2016年05月27日

3up CLUB


昨日から


3ea59250.png
















 「MCIブラック」 編がUPされています


かなりFUJIKURAさんがチャレンジしてくれたシャフトなので是非見て頂けたらです


そしてもう既にみていただいた皆さん その皆さんからの沢山のコメント本当にありがとうございます。皆さんの興味や声を番組に反映させながら一緒に楽しみたいと考えているCLUBなので、1つ1つのコメントを読みながら嬉しい気持ちでいっぱいになります   これからも感じたこと知りたいことなどドシドシ頂いて、楽しいCLUBにしていきますのでよろしくお願い致します

streetmedia at 18:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月26日

P-tune PG516


久しぶりに綺麗でやさしそうなシェイプのヘッドを発見です

それがこの子
e15e32c9.jpg












P-tuneさんの記事は久しぶりだな。。。 

そんなことより、最近のP-tuneさんのヘッドは調整機能付きのヘッドを2作発表していますが、今回のPG516にはありません  理由としては重心設計を第一に考えた結果なのかなどちらの長所も短所もあると思いますが、僕的には今回のヘッドは性能&アドレスカットに大満足なので納得のヘッドです

では
何処に惚れたかと言うと・・・
9204351e.jpg













ん〜   画像だと判りにくいかな

まずはこんなにロフトの見え方の綺麗なこと(ヒール〜トゥにかけて歪まずに見える)  次にフェース高さは決して低くないのにシャローのような、やさしさと安心感を出しているシルエット  これは打つ前から安心感が5割増しです  言うのは簡単なんですが、実際にこういうヘッドを作ろうと思うと大変なんですよね

そして打ってみると・・・

フェースの弾き感と球の接触時間(感覚です)のバランスが絶妙で、球離れが早すぎるわけでもなく強くインパクトしたくなるわけでもなく気持ちよくスイングさせてくれます  球質はヘッドシェイプ&インパクト音のイメージ通りで初速も早く打出し角も出て、最高到達点で最後の人伸びが  僕的な勝手な印象だとゼクシオを綺麗なシェイプにして、対象ヘッドスピードを早めに設定した重心位置にして気持ちよくティーショットが打てるクラブです(例えがビミョーかな)  とにかく僕的には大好物のヘッドなんです

そんな気持ちいいヘッドに何を最初に挿したかと言うと
338c0160.jpg











やさしさと叩きに行った時の安心感の両方を兼ね備えているこの子(やっぱりとか言わないで下さいね)せっかく50g台から登場してるんだから使わない手はないでしょ

ただ癖のないヘッドなのでシャフトの特性はシッカリ出しやすいですから、お気に入りのシャフトを使っても良い結果は期待できるはずですよ

今年はディープ系(叩き顔)でROMARO・JUSTICK  安定系のRODDIOにこのP-tune。  そこにKAMUIからEPONと充実のドライバー達で大豊作の年に   
期待通りの働きをする子達が揃ってますから是非試してみてくださいね




 

streetmedia at 12:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月21日

RAZZLE DAZZLE


あまりここで取り上げなかったクラブ。。。


決して嫌いなわけではなく逆に大好きと言っていいくらい 



でもUPしなかったのは「なかなか入荷しないから」 まぁ拘りをもったヘッドなのでしょうがないんですが・・・



でも
aca08a83.jpg













久しぶりに見たピカピカのCS-01W PROMODEL

やっぱりカッコいいなぁ   もちろんデザインだけではなくそのデザインがシッカリと機能性を兼ね備えているところは魅力的です


首をながーくして待っている皆さん。期待は裏切りませんのでよろしくお願いします



streetmedia at 19:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月19日

3up CLUB 最新号

3ea59250.png
















お待たせいたしましたぁ   最初の放送に続いて2回目の配信です

今回は・・・
2429cbbc.png4e790c07.png
















M1について言いたいこと言ってるバージョンと昨年の試合の時のQPさんのセッティングについてアレヤコレヤトお話させていただいています


今回も無料配信させていただいていますので是非ご覧になって感じたことや、こうして欲しいなってことを何でも言っていただけると嬉しいです



よろしくお願いします





streetmedia at 15:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月18日

KAMUI & GRAND BASSARA



ゴルファーにとって飛距離は。。。


ここに最大の魅力を感じている方も多いですよね  言い換えると道具の進化はこの魅力を一つづつ具体化して現在に

そんなところを人によっては「馬鹿げてる」って言われそうな位のアイデアで商品化してしまうメーカーさん
個人的に大好きです
0ab1b271.jpg1d7e2a9b.jpg













はい。フェースの後ろにバネ入れちゃったやつです  

トランポリン効果・・・

それならバネ入れて本当にトランポリンにしちゃえばって作ったのかどうかは判りませんが CT値300超は流石です。 そこにカムイさんは以前からずっとやっているフェース厚を選べてもちろんルール不適合ですがこういうチャレンジは拍手したいヘッドです。 

そして
ba2bf08a.jpgfee94606.jpg













こっちはルール適合モデルね

この辺がゴルファー心理で面白いところ  不適合で飛ぶんだから適合でも作ってよって。。。


気持はよくわかります。この2本のクラブの主は別の方ですが、このGRAND BASSARAも面白いシャフトですもともと定評のあるBASSARAシリーズの最軽量バージョン そこに重量管理も含めて三菱さんが気合を込めた1本です  超軽量シャフトの安定感に不安を持っている方に特にお勧めできるシャフトです

高反発ヘッドもそうだし、超軽量シャフトも、それだけで良いというのではなくその中で色々な狙いを持ったパーツが増えていくことが進化を加速させてくれるしゴルファーの夢をかなえてくれることに


皆さぁんっ。  あきらめないで楽しんでくださいね





streetmedia at 19:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索