2016年11月

2016年11月29日

ROMARO & ファイアーDGL115


アイアンに求められること。

    アドレスのしやすさ
    打感
    球質
    操作性
    オフセンターの強さ
    飛距離
    スピン量&高さ

色々なライや条件で距離を打ち分けるクラブなので、数え上げたらキリがないですよね  そんな条件の中からゴルファーのタイプや考え方によって優先順位が変わってきます。 

そんな中で
c3ff417e.jpg9db6f692.jpg












全ての条件をバランスよく整えられるのがこのセット  高額になるので全員にお勧めできるものではありませんがベーシックな機能にプラスアルファが欲しい方には

そしてアイアンを試打する時の注意点を一つ

練習場で打っていると「球が上がって真っ直ぐ飛ぶ」と打てる・使えると思ってしまいますが、そこはある程度の技術がある方なら全部のクラブがそう感じるはずです  大切なのはキャリーが揃っていること  結果に関してはそれを重要視しないとラウンドで使いやすいクラブになりません。 少し難しめのクラブを検討しているとどうしても判断が甘めになってしまいやすいので注意してくださいね  もちろん気に入ったクラブでスキルを上げていきたいと思う方は問題ないのですが、スコアに結び付けたいと思う方はね
この辺もアイアンを選ぶときの条件として考えてみてくださいね

 

streetmedia at 19:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月25日

EPON AF-703 & MODUS


 色々なお客様からブログの更新が少ないけど体調でも悪かったの って聞かれて「本当にごめんなさい」ただ単に忙しさを理由にしていただけなので


頑張らずに書いていきたいと思います



ってことで
fea40c42.jpg3c462879.jpg













お馴染みと言えばそれまでなんですがやっぱり良い物は良いんですよね 703のヘッドは安心感・飛距離のバランスがよく、それでいて捕まり過ぎないところが支持される理由です。この捕まり過ぎないがポイントでヘッドスピードに問わず捕まり過ぎてしまうと、練習場ではやさしく感じてもで使いにくくなってしまったりするので、ここのさじ加減が絶妙です

そしてこのMODUS120は発売されてから時間は経過していますが、愛用者が世界中でとっても多いモデルです  それは打出しを出すシャフトなのに先端剛性が高いのが理由の一つだと思います アイアンは色々なライからのショットを要求されるので、インパクトの強さの変化に対応できることが大切なのでMODUS120の剛性分布が世界中で支持されているのかな・・・   なんて勝手に想像しています

っていうこの2つを組み合わせたアイアンは やさしさと飛距離と上級者が満足できる操作感をもったクラブに仕上がっている・・・


はずです


是非みなさんも色々な妄想を膨らませて楽しんでくださいね




streetmedia at 16:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月10日

ムジークさんが・・・


好評です 

6af432e4.jpgbb6163c9.jpg












軽量長尺とは思えない操作性の良さを活かしたり


7807c5ff.jpg818a8bee.jpg












ウエイトを変えてヘッド重量を重くして安定感を更に増やしたり


色々なことを可能にしてくれるヘッドです  僕的にこのヘッドの一番の良さを上げるとロースピンになり過ぎずに飛距離を稼げるところです  もちろんヘッド自体の扱いやすさ(芯に当てやすい)もあるのですが、以前Y社長とをご一緒した時に話を聞いて感心させられた次第です(その内容は秘密ですけど)


そんなムジークさんのクラブも含めてまとめて試打できるのが明後日に迫ってきました 是非会場にお越しの際は僕の言ってることが本当か試してみてくださいね



streetmedia at 18:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月02日

ROMARO & コンポジットテクノ


巷での評価はよくわからないのですが・・・

僕個人的にとっても評価の高いアイアンヘッドの一つが
 
024b6c40.jpg











このαシリーズのヘッド  

チタンフェースで弾きなどに注目されやすいんですが、僕的にはこのヘッドサイズ(大きく)でアドレス時のスクエア感が綺麗にででいるところが大好きです  どうしても大型のヘッドになると捻じれて見えるのですが、このαシリーズのヘッドはスッキリと構えられます。 なので実際にアドレスするとヘッドサイズもあってクラブ長がとても短く感じ、安心感の大きさはNO-1です 球質も初速が早く「すっ飛んでいく」のではなくスピンがシッカリ入った球で捻じれず高く飛んでいくんです  

そんなヘッドに今回は
0c71ea34.jpg











これまた撓り感と振りやすさの王様   コンポさんのi65を挿して組ませていただきました  αシリーズのヘッドにMCIブラックでも結果を出しいるのですが、今回は撓り感に比重を置いて作らせていただきました。 コンポさんと言えば今はファイアーシリーズの印象が強いですが撓るシャフトを作らせたらやっぱりねぇ 

とにかく今回は安心感&振りやすさ&球質の3拍子のそろったアイアンになっていると思います


ヘッドの印象からは想像できないほど上品な球質が出ていくクラブですよ


streetmedia at 14:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ