2016年12月

2016年12月31日

ありがとうございました


98619711.jpg
今年も今日で終わりの日になってしまいました。本当にあっという間に時間が過ぎてしまいます。 



こうして忙しくさせていただいているのも応援していただける皆さんのおかげです。 来年はまた新しいことが始まりますが初心を忘れずに全力で頑張っていきたいと思います。 1つ1つのご縁と仕事を大切にしていきますのでよろしくお願い致します。

今年1年本当にありがとうございました。


そして来年もよろしくお願い致します




streetmedia at 12:39|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2016年12月28日

マスダゴルフ



最初に「ごめんなさい」って言わないといけないアイアンです。


それがこれっ
 3f93fd13.jpg










ファストマッスル様です
 fcb37d48.jpg













素敵すぎるシルエット   エッジでも・・・  フェースでも・・・  ネック後方のウケを見てもスクエア感が

そして「ごめんなさい」の理由をお話しします  それは僕的にマッスルバックのアイアンに対して否定的に考えている部分が多かったんです。もちろん一定の条件を満たしたゴルファーに対しては違う考えになるのですが、一般的なゴルファーには機能的な長所が少ないからなんです。 そんな考えをバッサリ斬ってくれたのがこのアイアンって言う訳なんです

どう斬られたのかっていうと本当に「芯に当てやすい」クラブなんです それもロングアイアンまで「どうせ打てないなぁ」って思って打つと「あれっ」って言うくらいの感覚で心地良い鉄の打感を感じなから糸を引くような綺麗な球筋が  本当に大袈裟ではなく初めてこのクラブを打った時の印象です。 アイアンを打つ楽しさや球を操る楽しさを教えてくれるクラブだなって  これ自分で使ってみたいって(マッスル使いたいって何十年振りだろ)

そして同じように惚れてしまったK様には
87d2c2b6.jpg













日・欧の賞金王を支えた日本シャフトさんのMODUSを  


さぁ困った  僕の物欲&妄想が膨らみ過ぎる  僕はアイアンをツナギのクラブとして考えています。理由は僕や一般的なアマチュアのパーオン率や精度を考えると狙うクラブではないという判断 なのでツナギとしてオフセンターに強く飛距離も出せるクラブに魅力を感じていたのですが、このアイアンの登場で操りながらツナグという妄想がプラスされてしまったんです。。。

どうせパーオン率は変わらないんだから「カッコいいアイアン使って」って・・・  悪魔のささやき


はいっ。 僕の妄想はこれ位にして本当に魅力的なアイアンです 別注対応でデザイン変更なども受け付けていただけるのも嬉しい部分です


巨匠! 流石にすごいです







streetmedia at 21:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月24日

ラズルダズル


今年1年で一番皆さんに認知され支持されたメーカーさんではないでしょうか 

47946d26.jpg









310c7f6d.jpg










色々なシャフトで作らせていただいています


支持された理由を僕的に幾つか考えてみると、特徴的なソールも含めたデザインのカッコ良さ    そして打点に対したバンスの受けがシッカリしているところかなって これによって悪ライへの対応力が強くやさしいと感じてもらえるんじゃないかと思います。

MADE IN JAPANに拘ったところもありますが・・・

僕的にはどこで作っても「良い物は良い」って感覚なので もちろん日本の職人さんが1つ1つ丁寧に仕上げた高価なヘッドも魅力的だし外国で作ろうとコストパフォーマンスに優れた機能的なヘッドにも魅力を感じます  色々ある中で選択できることが一番楽しいですからね

話が脱線しちゃいましたがラズルダズルさんが今後どういうヘッドを市場に出してくるのか勝手に期待しています



streetmedia at 16:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月18日

ZODIA CG513 & MCIブラック


前回MCIブラックを5/8ピッチで試打を作ったお話しをしましたがその結果と経緯をお話しします。

まず当然そのスペックに対応できるヘッドがないと始まらないのですが、僕的に5/8ピッチで作るにあたってヘッドの大きさ・シルエット・ロフトを特に気にしていました 理由は当然ロング番手が長くなるので小さいヘッドはNGだし、シャフトが長くなった長所を生かすにはロフトの立っているモデルがいいなって シルエットに関してはヘッドの見え方の部分なので好みの類なんですが。。。


ずっとそんな事を考えていた時に
c4d44ea9.jpg
CG513を

もちろんZODIAさんとのお付き合いは長いので存在は知っていたんですが全番手見る機会がなかなかないこととヘッド価格を考えると試打クラブの制作に踏み切れませんででした

そんななかでお店に来ていただける機会を作っていただきこのアイアンを見た瞬間にこれはっって  もちろんCGの称号(千葉グラインド)通り良いのはあたりまえなんですが


d51a682e.jpg
このシルエット

これは以前、取材で姫路にお邪魔した時に見せていただいた某プロが某メーカー(とってもメジャーなプロね)契約時代に使っていたヘッドで「これいいなぁ」って一目惚れしたヘッドの雰囲気が

大きく安心感があってインパクトゾーンを長くレベルに振れるイメージそしてロフトも立っていて・・・   ねっピッタリでしょ  



ってことは作るしかないでしょ
f7f26bc7.jpg










出来上がりは下2つの番手だけ少しだけ調整が必要(僕的には公差の範囲)でしたが、イメージ通りのバランスで仕上がりました  フローを重さ・バランスではなく、重さ長さにしたアイアンの完成です。そして試打してみると「打ちやすい」 もちろんショート番手は安定なんですがミドル〜ロングアイアンが勝手にスピードが出ていく感じでいて違和感がないんです  これならウッド系からの流れがスムーズになるので軽量化してきた今の時代に違和感なく溶け込んでくれそうです 振り心地や打っていただいた方の球質をみて、これなら軽いMCIブラックでも同等の結果が得られるなって確信しました

5番アイアンで普通より半インチ強長くなるのでヘッドは選びますが、オートマチックにアイアンを使っていきたい方には是非試してほしいスペックだと思います 
もちろんCG513の安心感・打感・抜けに関しては通常のスペックでも充分に感じてもらえますので、是非構えて打ってみてくださいね


streetmedia at 15:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月17日

JUSTICKさんの


FWと言えば・・・

今年のパーツの中ではRODDIOさんが突っ走っていますが  強くて逞しい弾道を求める方にはこの子も人気です

dbf9e436.jpg










誰が打っても大丈夫というFWではありませんが、コンパクトでディープに感じるヘッドに良いイメージを抱けるゴルファーも多いのではないでしょうか

5463f3a6.jpg









今回作らせていただいたシャフトです。


実際の球質は決して上がらないと言う訳ではなく、ロフトのイメージ通りの球質になるので古くからのスチールのヘッドを手放せない方には、イメージ通りの弾道で更にオフセンターの強さと飛びを感じてもらえると思います

ゴルファーと言うのは欲張りなものなので、これから北風がビュービュー吹いてくるこの季節になると夏には感じなかったことが。。。   


妄想してください














streetmedia at 16:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ