2017年07月

2017年07月30日

ROMARO


お待たせいたしました 


ROMAROさんから発売されているTYPE-Rシリーズのドライバーがやっと

39f96dc1.jpg8009dec9.jpg












安心感たっぷりのシルエット

そして打つと球が捻じれずにオートマチックに飛んでいく姿はイメージ通りです  今回も社長の拘りぬいたこのヘッドは、FW・UT同様ウエイトでの重量調整ができるので色々な形のドライバーに仕上げていくことが出来ます 球質・打感・アライメントも含めて統一感があるのでストレスなくで使ってもらえるはずです

お店でも色々なタイプに仕上げた試打クラブをテストしていく予定ですので、インプレに関してはもう少しお待ちくださいね




streetmedia at 16:21|PermalinkComments(0)

2017年07月25日

Muziik & Fire & ATTAS


振りやすいドライバー 



って難しいですよね  振りやすいが人によって違うという部分以外にも、何がストレスになっているのかによっても処方が変わってくるので。 スライス・フック・高さ・アドレス・距離(平均値かMAXポテンシャル)などなどストレスを数え上げたらキリがありませんが冷静に自分にとって何が一番のストレスかをハッキリとさせることが、クラブ選びの大切なポイントの一つです。



ってことで
e4cfbe71.jpgc47723a3.jpg











この2本

ヘッドに関しては何度も取り上げていますし色々なところでも話題になっていますよね そんなヘッドを一つは長めに もう一つは短めに作らせていただきました(1.5インチの差)  こんなことが出来るのもこのヘッドの特徴の一つだと思っています。 イメージ的には2つともご注文いただいたお客様にとってストレスが解消して結果的にコースでのパフォーマンスが上がるように


皆さんも最初の視点を結果ではないところから考えてみると今まで候補に挙がらなかったクラブが気になりだすかも知れませんよ



streetmedia at 14:57|PermalinkComments(0)

2017年07月20日

ROMARO


ROMAROさんから発売されているVシリーズ 


発売以来お店でも球質や打感に惚れ込んで愛用していただいているお客様も多いのですがそのVシリーズのアイアンに・・・

705af52f.jpg1b410fed.jpg












限定でブラックバージョンが


より精悍なイメージになってきます   今回ご注文いただいたお客様も、一目見て「かっこいいねぇ」って   ビジュアルも大切な要素の一つですからね


キャディーバックの中の立ち姿にウットリしたい方は是非


streetmedia at 15:05|PermalinkComments(0)

2017年07月08日

EPON AK-26 & 秩父


かなり好みが分かれるヘッドらしいのですが 僕はよくできたヘッドだと

6ab48597.jpg2030a8e6.jpg












このシャフトのトルク&撓りを全部パワーに変えてくれると  グラファイトさんらしい粘っこい挙動は軽量シャフトにありがちな薄いあたりをなくしてくれて本当に振りやすいクラブに仕上がっていきます

とっても和的なデザインなので・・・

5d6d40b2.jpg











着物の柄みたいな粋な雰囲気のクラブにしてみました


デザインもクラブのポテンシャルもかなり高いクラブなので結果がとても楽しみです





streetmedia at 16:45|PermalinkComments(0)

2017年07月07日

EPON AF-905HY


今年はUTの当たり年 


魅力的なヘッドが多すぎるくらいです  

26efe823.jpgbe977b76.jpg












このAF905 HYも進化というより違うヘッドとして捉えた方がいいくらいにヘッドシェイプは変わっています。何が変わったかと言うと一番判りやすいのが
8a33eba1.jpg













ヘッドサイズ(投影面積)です。 右が903ですからヘッドの輪郭も含めて違うモデルと言いたくなる感じです。これは905HYがどちらかと言えばFWに寄った感じで打出しも高く、球を拾ってくれるイメージが強くでる形です。

またFAも捕まりを意識した作りになっていますが、アドレスした時の違和感がないように
d610a7e3.jpg













ネックからのマスキングを工夫することで補っています この手法は色々なヘッドでも結果はでているので、最初の画像を見てもらうと判るように、とても座りもよくアドレスしやすいヘッドになっています。

ただ903と同じように低重心は継承しているので、よりやさしく強く飛ばせるUTに仕上がったヘッドだと思います。なので球の高さや捕まりを嫌うタイプの方は逆に903の方が結果を出しやすいと思います


今年はRODDIO・ROMAROそしてこのEPONと魅力的なUTが揃いましたが3モデル共に特性がハッキリと違うところは僕にとってとても嬉しい部分です 違う事で色々なお客様に対応しやすくなるし、お客様自身もどの特性が必要なのかが判りやすくなったと思います

ウッド型が嫌いな方にはマスダさんやMuziikさんのアイアン型も魅力的だし本当にUT激熱の年になりました



streetmedia at 18:05|PermalinkComments(0)
記事検索