2017年11月

2017年11月17日

Flight Scope MEVO


計測器もここまで来ました

 b3adcb10.jpg














計測器で何をするのか によってもこれが良いという機種は変化していくと思いますが、シンプルに弾道を計測、比較していくには「mevo」は十分すぎるモデルだと思います。


手に入れてから屋内、練習場、そしてラウンド中とテストした中では一切のストレスや出てくる数字に対する疑問を感じませんでした それよりも設置の簡単さに驚かされます 強いて言えばスピン量の数値はショートゲームほど???となりますが、僕的にはそこを重要視していないので全く気にならない部分です

最初に言ったように「何に使うか」ここが一番大切で、もしクラブやシャフト開発でロボットを使い100回転単位で差を数値化していくなら別ですが、クラブ単位での傾向を比較対象して見ていくには何の問題もなくどこでも手軽に使えてキャディーバックの中にも入れていけるコンパクトさに大きな利便性を感じました mevoに限らず色々な計測器が発売されているので使用目的と場所を考えながら合ったものを探してくださいね



streetmedia at 14:28|PermalinkComments(0)

2017年11月12日

EPON AF-155i & ファイアー

なんか10月があっという間に過ぎ去って気が付いたら11月も中旬に ここからは少し落ち着けそうな予感がしています

コメントにも頂いていたパーツブランドとナショナルブランドのどっちがというお話は、もう一度ここで書かせていただきたいと思います 僕的にはどちらが優れているかと言う部分だけではないところが多々あるので、誤解のないように整理したいなって思っています。

そしてここからが本題です
9abda704.jpg35519270.jpg












EPONの中で歴代使い続けているファンも多い15シリーズに大きな変化が それがこの「i」なのですがスリーブ機能とカーボンクラウンを搭載してくれました。 これにより扱いやすい強弾道のヘッドになってくれたのです もちろん今までの系譜をシッカリと受け継いでいるAF-155も王道として登場していますが僕的に興味をそそるのはコッチで EPONの物づくりを勝手に考えていくとAKから155iは大きな変化だと思います。 そんなヘッドをお客様に試打していただいている中で評価が高いのがこの2本です。
acaa2208.jpg
もちろん今の状態で沢山のシャフトが用意できていませんが(もう少し時間をごめんなさい)対極にある2本に好みが分かれています。 対極の2本が評価されるという事はヘッドのパフォーマンスとして、とてもニュートラルな状態とも言えるので色々なタイプの方に評価を得られるんじゃないかなって思っています

今後色々なシャフトを用意していきますので楽しみにしていてくださいね


streetmedia at 20:27|PermalinkComments(0)
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ