2010年03月30日

週刊ゴルフダイジェスト

今週発売のWGDに「ダフリ」の企画が掲載されています

その中でチョットだけクラブ的な部分で解説させて頂いていますが・・・誤解がないように補足をさせて下さい

あくまでもクラブからみた部分なので

まずはクラブがゴルファーのスイング(スピード・タイミング・ヘッドスピードの最速になるポイント)に対して軽すぎると「トップ」しやすく重すぎると「ダフリ」やすくなります。この重さは数字的な部分と感覚的な部分が重なってスイングに影響を与えます。数字的な部分は解りやすいのですが「重さ感」感覚の部分はへッド体積・重心位置・シャフト長・シャフトの硬さ・シャフトのバランスポイント等など影響を与える部分を挙げたらきりがないほどあります。

「その一部分を取り上げた」という事を理解していただければと思います。

じゃあどうすればいいの

と聞こえてきそうなので

まずは基本は重量フロー(短いクラブが重くなる)が大前提です

適正重量の決め方は

ゆっくりとか・・・早くとか意識しないで振れてインパクトタイミングの合う重さを探してください。自分のドライバーなどで手元に鉛を巻いて振れる最大の重さを探していくと解りやすいと思います。細かい部分はフェースの使い方やタイミングによって変わってくるのでスイングを見て相談しながらでないとというところなんですが。。。

振りやすさを決める大切な要素は長さと重量の関係になるので自分の振れる限界の重さを試してみて下さいね


streetmedia at 14:59│Comments(0)TrackBack(0) ゴルフダイジェスト | お店ネタ

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ