2010年06月01日

週刊ゴルフダイジェスト

今日発売のWGDみてくれましたか

CA3A0601CA3A0602









こんなヤツ

「地クラブ飛距離大作戦」

なんですが内容は東西の地クラブをガチ飛距離でどれが飛んだかっていう企画です

当然、自分にとって馴染の深いクラブから初めて打つクラブまでありました。 パーツを扱っている自分にとっても大変興味深い内容です

そして今回シャフトに関してはメーカーさんにお任せ状態なので長さも硬さも重さもバラバラの試打クラブでした。なので・・・申し訳ないのですが自分にはオーバースペックでというクラブも

そんな中で4強に駒を進めたクラブの特徴は軽め・長めでシャフトの真ん中から先が動くタイプのクラブでした当然じゃじゃという天候も影響していると思いますが、そこは考慮して読んでもらえればと。。。

でぇ今回の試打でいっそう感じた部分でもあり皆さんに注意して欲しい事が 各ヘッドとも、とても作りこんでいて納得の仕上がりですそんな特徴を生かしてフィッティングして初めて地クラブの良さが出るということ そこまでしないのであればメーカー品でということです

決して大量生産されず、メーカーさんのた沢山の想いが詰まったヘッドには使い手の想いとフィッターの想いも詰めて使って欲しいなって思いました


個人的な感情も入っていますがP-tune & JUSTICKのヘッドはやっぱり良かったですよ あと・・・じゅらくHS遅いスライサーには

streetmedia at 17:19│Comments(2)TrackBack(0) ゴルフダイジェスト 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ハッグー   2010年06月02日 09:40
雨の中お疲れ様でした

最後のコメント恐縮です

本文とコマ中の合田プロのコメントも嬉しかったです

ありがとうございました
2. Posted by 鹿又   2010年06月02日 16:47
バッグーさん

お世辞抜きで抜群でしたよ あの組み合わせも絶妙だったしさすがって感じでした

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ