2014年10月11日

シンカグラファイト


これからに期待できるメーカーさんです

売れるシャフトが良いシャフト  押し問答になりそうですがただ一つ間違えなく言えることは、しっかりとしたコンセプトと妥協しない物づくりを頑固に続けていくことがファンを増やして認知されていくってこと位。。。

それをシッカリと続けてくれそうなメーカーさんです そんなシンカグラファイトさんが最初に登場させたのがこの2本
34dae55b.jpg









ループ プロトタイプH.D(黒)とB.W(青)です。  持参いただいた試打クラブを打ってみると正直キックポイントによるシャフト特性の変化は感じませんでした。 これは良い意味なので勘違いしないでくださいねキックポイントだけでシャフトに変化をつけてあるのではなく設計で特性をハッキリ変えてあるということなのでこの2本を比較することが無意味かなその位性格に変化を付けてあります。

H.DはカタログでのキックポイントはMID表示になっていますが実際に打ってみると、切り返しで手元側のしなりはシッカリと感じられてタイミングがとりやすくハーフウェイからはセンターから先の剛性を感じてインパクトで力を100%伝えやすい動きを 個人的にはリストを多く使う方や低い位置からヘッドを入れてくる方に使いたいシャフトイメージです。
B.WはカタログでのキックポイントはHIGH表示ですが、振ってみるとシャフトセンターの心地いい撓りを感じます。ダブルキック系のようにハーフウェイ〜インパクト〜フォローに向かって一気に加速していきますインパクトで球を捕まえてから弾く感覚で飛距離性能に期待できるイメージです。

あくまでも個人的な感覚なので「違うよ」っていう方がいても当然ですが 個人的にはドンドンB,Wに興味が湧いてきます H.Dは小さいヘッドやFWに使ったら・・・なんてね。  とにかくこれから色々なヘッドに挿してテストしていきたいと思います  全く新しいシャフトメーカーさんですが、高弾性を古くから取り扱っている技術者が厳しい製品管理の中で作っているので、その経験とノウハウを練りこまれたシャフトと言っていいかもしれません。工場にも今度行ってみますからね


何にしても面白いシャフトがまた一つ登場してきましたよ




streetmedia at 20:36│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ