2016年12月18日

ZODIA CG513 & MCIブラック


前回MCIブラックを5/8ピッチで試打を作ったお話しをしましたがその結果と経緯をお話しします。

まず当然そのスペックに対応できるヘッドがないと始まらないのですが、僕的に5/8ピッチで作るにあたってヘッドの大きさ・シルエット・ロフトを特に気にしていました 理由は当然ロング番手が長くなるので小さいヘッドはNGだし、シャフトが長くなった長所を生かすにはロフトの立っているモデルがいいなって シルエットに関してはヘッドの見え方の部分なので好みの類なんですが。。。


ずっとそんな事を考えていた時に
c4d44ea9.jpg
CG513を

もちろんZODIAさんとのお付き合いは長いので存在は知っていたんですが全番手見る機会がなかなかないこととヘッド価格を考えると試打クラブの制作に踏み切れませんででした

そんななかでお店に来ていただける機会を作っていただきこのアイアンを見た瞬間にこれはっって  もちろんCGの称号(千葉グラインド)通り良いのはあたりまえなんですが


d51a682e.jpg
このシルエット

これは以前、取材で姫路にお邪魔した時に見せていただいた某プロが某メーカー(とってもメジャーなプロね)契約時代に使っていたヘッドで「これいいなぁ」って一目惚れしたヘッドの雰囲気が

大きく安心感があってインパクトゾーンを長くレベルに振れるイメージそしてロフトも立っていて・・・   ねっピッタリでしょ  



ってことは作るしかないでしょ
f7f26bc7.jpg










出来上がりは下2つの番手だけ少しだけ調整が必要(僕的には公差の範囲)でしたが、イメージ通りのバランスで仕上がりました  フローを重さ・バランスではなく、重さ長さにしたアイアンの完成です。そして試打してみると「打ちやすい」 もちろんショート番手は安定なんですがミドル〜ロングアイアンが勝手にスピードが出ていく感じでいて違和感がないんです  これならウッド系からの流れがスムーズになるので軽量化してきた今の時代に違和感なく溶け込んでくれそうです 振り心地や打っていただいた方の球質をみて、これなら軽いMCIブラックでも同等の結果が得られるなって確信しました

5番アイアンで普通より半インチ強長くなるのでヘッドは選びますが、オートマチックにアイアンを使っていきたい方には是非試してほしいスペックだと思います 
もちろんCG513の安心感・打感・抜けに関しては通常のスペックでも充分に感じてもらえますので、是非構えて打ってみてくださいね


streetmedia at 15:54│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索