2017年02月11日

ROMARO & DG CPT


先週PGAで勝利したあの選手が重量フローしているAMTを使っていたり、遼君や池田プロがMODUSシリーズを愛用したりとスチールシャフトのトレンドがハッキリと変化してきています。
PGAショーで色々とお話を聞いてきた中でも、その流れが大きな形として表れているので今後の展開にとても注目したいところです
 

そんな話を踏まえながら今回作らせていただいたアイアン。
d7a6a7e3.jpg711d16e7.jpg












小振りで綺麗なボケキャビ そこにDG CPTを 
CPTは基本DGの軽量と考えて良いシャフト(細かくはもっとありますが)で球の高さが出やすく飛距離的にも少し伸ばせるシャフトです。 そこに操作性も球の強さもあるROMAROのヘッドという事は今の流れの弾道(高くて止まる)を簡単に打てちゃうクラブに

なるんじゃないかと

ドライバーの打出し角は色々と議論されて皆さんも高い方がいいんだなぁって感じていると思いますが、当然アイアンの球の高さも同じです。基本的に皆さんがイメージしているよりずっとずっと高いんですそんな弾道を打てるアイアンになってくれていると思います 


streetmedia at 15:13│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索