2017年02月12日

DIAMANA X


先月に発売されたこのシャフト 

079802fc.jpg










限定で発売されたモデルの後継として開発されています。  限定として発売されたという事は何かしらの理由があるもので・・・  想像としては使うゴルファーが限定されてしまう。 価格的な問題など色々とあると思いますがそんなシャフトをカタログモデルとして流通させた三菱さんには敬意を表したいです

それがどんなシャフトかと言うと、プレミアムな素材を厳しい加工精度を追及して作り重量・振動数も厳しい製造公差を課して作られています ってここはメーカーさん側の追い求める部分で使い手側としては、それよりも高いぶん飛ぶの?曲がらないの?ってことが重要課題です 

結論から言うと今までにない可能性を凄く感じたシャフトです

理由はヘッドの進化に伴いスイング同様シャフトに求める動きも変化しています。 その答えの一つとして挙げられる挙動だからです。 簡単に俊敏で剛性の高いバネのような動きなのでインパクトを合わせることがとても容易になります。 これはフェースをスクエアに戻すとは同調していないので誤解しないようにしてくださいね  インパクトを合わせやすいからスイングスピードを上げやすくなると思ってください。  反対にフェースをスクエアに戻しやすいのは、FUBUKI Vシリーズのようにシャフトの撓り戻りと捻じれがあるタイプになると思います。 つまりある程度のスピードで、それ以上のパフォーマンスを出していくタイプと、自分のポテンシャルを自然に上げていくタイプがあって、このDIAMANA Xシリーズは後者の方になるという事です    今のクラブはゆっくり振らないととか自分にブレーキを掛けながらスイングしている方も50g台のSRからラインナップされているので是非試してみてくださいね


streetmedia at 15:21│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索