2017年04月08日

MC Putter


フジクラさんネタが続きます 

今年の特徴と言えばパター用のカーボンシャフトを大手メーカーさんが発売したことが挙げられると思います。今までもパター用カーボンシャフトは、コンポジットテクノさんやムジークさんなどアフター用としては発売されていてお店でもファンが多くいらっしゃいます

そんな中に今回はフジクラさんと三菱さんから発売され一般のお客様にも広く認知されていくようになるのではと期待しています。そんなフジクラさんのシャフトがこれっ
ddf5193b.jpg













SOFT と HARDの2種類でこれは硬さの違いと思っていただければです。 僕的にはSOFTが好物ですが、SOFTはとても撓りを感じやすいので切り返しで間が出来やすくインパクトの手の感覚で距離感を作っていく方と相性がよくHARDはシャフトの遊びがないのでストロークの大きさで距離感を作っていく方に向いている傾向かなと(僕的なイメージです) そしてこのMC Putterの一番の特徴はカーボンとゴムの融合なんです

だから

って言わないでくださいね このゴムが融合したことによって振動を免振してくれるので、インパクトの打感がとってもピュアに伝わってくるんです パッティングで打感はプレーヤーにとってとても大切な情報なので、これが混じりっ気なく伝わってくることはとても大きな事なんです 撓り方も含めて選択の幅が広がることは必ずメリットになっていくと思います

最後に僕的な考え方ですがパターのヘッドも大きく進化しています。そして大きさ・重心位置はドライバーよりもモデル別の差が大きいヘッドかもしれません(調べて比較したことないので、かもってことで) ってことはドライバーと同じくらいシャフトに気を遣ってあげてもいいんじゃないかと考えられます  転がすのでスライスやフックのミスは判りにくいのですが起こっていることも事実。それに一番ロフトの立ったクラブで一番傾斜地から使うのがパターですから是非大切に考えていってくださいね


streetmedia at 19:54│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索