2017年04月27日

AUGA g


今日はこの子達をシッカリと でテストしてきました

36d91b47.jpg










とっても売れているのか生産本数が少ないのか判りませんが市場では品薄状態が続いています
このシャフトに関しては雑誌の取材で打たせていただいたときに、今までのマミヤさんのシャフトの中で一番良いんじゃないかなってお世辞抜きでお話しさせていただいたシャフトです

今回は1Wの5Sと3Wに55Sを挿して打ってみました。ドライバーに関しては取材の時のイメージ通りでスイングスピードに変化をつけてもシッカリとインパクトで間に合いますし振り遅れ感の少ないシャフトで非常に扱いやすかったです  フジクラさんのダイヤモンドスピーダーの様な強烈なスピードの印象や手応えはありませんが、安定して高い飛距離性を発揮してくれます  重さ感も50g台のわりにしっかりとあるのでスペックダウンして使う場合は違和感なく使ってもらえる感じです。
またFW用のシャフトも同様に1球目から1Wと同じタイミングで振れて静かにボールを捕まえて上げる動きが僕的には心地よかったです振り心地の違和感もなく上手に出来ているなぁって印象です

どちらのシャフトも切り返しで負荷をかけた分だけ潰れずに撓るのでフェースコントロールがとてもしやすく右に滑らないことも印象的でした  こういうタイプのシャフトなら今の低スピン化した高性能ヘッド(1W・FW)に相性がよく(M-2やEPICにも面白いだろうなぁ)シャフトがでしゃばると言うよりクラブとしてのパフォーマンスを上げてくれる感じです

暴力的な達成感は乏しいですが僕的には使えば使うほど手に馴染んでくるような奥の深いクラブを作れそうです  個人的な好みが大きいですが歴代のマミヤさんの中で一番好みなのは確信しました


streetmedia at 18:08│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ