2017年08月30日

MCIブラック


とってもチャレンジ精神あふれる商材を常に提供してくれるフジクラさん それがシッカリと支持されているところがまた凄いところです

そんなフジクラさんから発売されている
5a6f738f.jpg













MCI BLACK
皆さんもご存知かもしれませんがバランスが0.5ポイントづつフローしていくシャフトです。これによって自分の使いたい重量のカーボンシャフトを使ったときに起こりがちな上に合わせると下が軽く感じる下に合わせると上がかったるいってような事をなくして気持ちよくカーボンの長所を体感できるように設計されています。もちろんそのように組み付けてもいいんですが、僕個人的には少しだけ違和感を感じるんです 違和感の一つはセットの中でアイアンだけ浮いて感じる事とMCI BLACKのロングアイアンだけ打っていると良いんですが、UTとかから持ちかえると軽く感じたりという部分。。。

重さと剛性感と振り感を合わせるのはとっても難しいところで、フジクラさんはMCTを開発したことで色々な事が可能になったんですがもっと上手にこのシャフトを使えないかなって考えたのが長さのフローに置き換える事なんです。 決して目新しい事ではないので僕が考えたことでは決してありませんが単純に8/6ピッチにしてロングアイアンが長くなるって組み方に 
f1d78a6b.jpg













今回のご依頼はAF-703だったので、こんな大型ヘッドやロングアイアンを抜く前提の方にはUTからのつながりを含めて全体がまとまってくる結果になっていますもともとMCI BLACKの重さは番手間で綺麗にフローさせている訳ではないので振り感と結果を出すための一つとして見ていただければです。

そんなことを常に考えていると一つの妄想が固まってきます
ドライバーやFWは安定感と飛距離のバランスを重視して軽く短くてもバランスがでるものに。
UTはロングアイアンからミドルの入り口まで32-3度かな。シャフトは重量フローさせたいな!
アイアンは大き目のヘッドで7番以下にして少し長く。
ウェッジは3本以上にして撓り感と先重なシャフトに。。。

何かすごーく簡単にラウンドできそうでしょ これフジクラさんなら作れそうだし(MCTをフル活用)試しにセットでやってみませんかテスターはもちろん僕で ある意味・・・  僕にとって都合良い(自分の打ちやすい)セットになってますけどね



streetmedia at 19:22│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索