2018年02月26日

RODDIO385 & Regio FormulaMB

何かと話題の多いヘッドですよね
67f18747.jpg11b2496d.jpg












ヘッドサイズが色々と検討されコンパクトなヘッドが増えている中でも際立ったモデルだと思います。ただ昔に戻ったのではなく重心位置・撓み・フェース・慣性モーメントなどなど飛びの有効性に関する部分は最先端のヘッドと言っていいのではないでしょうか

今回2つのモデル(ディープバック・ミッドバック)が用意されているのも嬉しいところです

そしてこのヘッドに何を挿してみたかかというと・・・
4c424c1c.jpg

Regio Fomula MBです

何でと思う方も多いと思うのですが僕の中ではハッキリとした理由があるんです





その理由はというと、まずこのクラブを打ちたいと思う方や効果があると思うゴルファー像を考えると

1.キャリアが長く大型ヘッドに違和感を感じてる。
2.大型ヘッドをインパクトでスクエアに戻せない。
3.3Wと1Wの距離があんまり変わらない。

色々な方がいるとは思いますが単純に大型ヘッドに壁を感じている方なんだろうなとその中でも特にある程度のスピードか筋力がある方にトコトン寄せたクラブにしたいと思ったからなんです。マイナーチェンジ的なクラブは沢山あるのでトコトンね そうなったときに候補に挙がるシャフトはディアマナBFとかPTとかファイアーTP-Vとかあるんですが、シンプルにDGやMODUSユーザーにズバッとハマるのはこのシャフトでって言うところです

実際に試打してみるとヘッドサイズの割にはピーキーさもなく高い直進性と弾道の強さが魅力的ですこれなら3Wのティーショットよりストレスなく打てる感じで狙いどうり ただ大型ヘッドに違和感を感じていない僕の場合はちょっと緊張して打たないといけない感覚です まぁ僕みたいなタイプ用のクラブにするつもりはないので余計に良くできてるなって複雑な気持ちに

もちろんスピードがない方ならシャフトスペックやヘッド重量を変化させて扱いやすいクラブにすることも可能なので今までにない面白さが演出できると思います 思い当たるところがある方は是非試しにきてくださいね


streetmedia at 14:47│Comments(1)

この記事へのコメント

1. Posted by 道具屋   2018年03月01日 12:25
思い当たります。。。
M3止めてこれにしようかな。。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ