2018年10月22日

PRGR TUNE

前回ナショナルブランドとパーツブランドの違いについて簡単にお話をさせていただきました。そんな中でこんな面白いブランドもあるんです


それがこちら
IMG_3829













画像は一番最近発売された05というタイプで、投影面積も大きくシャローなヘッドで「安心感とやさしさ」そしてPRGRさんらしい飛びの部分も併せ持っています。性能的には深重心&大きな重心アングルに広い高初速エリアとパーツブランドには少ないタイプのヘッドです。色々と調整自由度の高いヘッドですが基本的にはヘッド重量も軽めなので長めのレングスでのドライバーですが、投影面積が大きいので46インチ(60度法)でも全く長さに違和感を感じない位です。このPRGR TUNEはこの他にも2つのドライバーヘッドやプロが使用して話題になっていたアイアンなと毎年アイテムを増やしてくれています。

このようにナショナルブランドの開発背景を使いながらパーツとして供給してくれるブランドは、両方の良いところを使えるので魅力的なパーツが多いのも事実です。PRGR TUNEさんの他にもRODDIOさんもそうだし、ある意味EPONさんもそういう要素が大きいメーカーさんだと思います。こう見るとパーツブランドとしては人気のところだなぁなんて思います

もちろんそれが一番いい訳ではないし反対に僕の大好きな個性的な物づくりであったり、ある部分をトコトン追及しているパーツブランドも沢山あるので、クラブだけではなくそのメーカーさんの特徴なんかもここで紹介させていただいていきますね




streetmedia at 20:51│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ