2018年10月29日

カーボンクラウン

ヘッド構造や素材の変化が起こった時に大きな進化が起こってきたドライバーですが、既に行きついているのではっていう疑問の声もチラホラ聞こえてきたりしています。そんな中でここ数年はクラウンにカーボン素材を使っているヘッドが多数発表されています。 このカーボンクラウンは特別に新しい技術とは言えませんし、もともと薄く作られているクラウンなのでカーボン+接着+塗装でどれだけの重量マージンが取れるのかは正直僕も疑問に思っていたところです。ただどのメーカーさんの開発の方に聞いても重量の部分しか答えがなかったんです。


そんなモヤモヤしていた時間は今年発売されたヘッド達でスッキリとしてきました。その理由はもちろん数グラムの重量マージンも大切ですがそれよりももっと判りやすいものがドンドン発売されてきたからです。


例えば
IMG_0003このHONMAさんのツアーワールドに使われているクラウンは加工技術によって今までのカーボンクラウン部品よりも薄く作られています。手に持っただけで直ぐに判るほどの違いで、カットサンプルを見た時一番先に目に付いたのがクラウン裏の構造です。





他にも
IMG_0014ブリヂストンゴルフさんのTOUR-Bに搭載されているクラウンにはタイヤの技術が盛り込まれています。またクラウンの撓みと言う漠然とした話(撓んだら何故いいのか?)ではなく撓み戻りをコントロールすることによって、JGRのように寛容性や打出しを高くしたり、このTOUR-Bのように直進性(前に弾く)を高くしたりということをしてくれています。







さらに
IMG_0010テーラーさんのM GLOIREは機能だけではなく特殊な方法により織目をシッカリと生かした塗装が施され今までにないビジュアルを作り出しています。また爽快な音や打感も創り出しているところは今までにないヘッドと言っていいと思うところです。











重さ・機能・ビジュアルと代表的なモデルで説明させていただきましたが、これ以外のヘッドも確実に進化を遂げています。大きな構造・素材変化がなくても十分に進化していますので「何を打っても変わらないよ」とは言わず、自分の欲しいところ(飛距離・高さ・つかまり)を明確にして色々と試して欲しいです。重さやコンセプトが細分化した今のモデルの中に必ず結果を出してくれるクラブがあるはずですから






streetmedia at 19:30│Comments(1)

この記事へのコメント

1. Posted by 山岸秀雄   2018年10月30日 08:41
5 オイラも重量だけ?とずっと疑問に思ってました。
BSので成る程!!的に思ったものです。
これから、色々なのが出て来るのが楽しみです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ