2018年12月17日

ミズノプロ

先日ミズノさんから新しいドライバーの発表がありました

IMG_0092IMG_0093














左の画像のフェース向きは僕の写真の撮り方が悪いだけで、アドレスカットではとても綺麗な造りこみをされたであろうアライメントの取りやすいシルエットになります

そして今回のモデルで注目するべきところは重心距離なんです。このミズノさんのモデルはとても短い重心距離で作られています 今のトレンドと言えば高慣性モーメント・低深重心・重心距離は40mmくらいが中心です。ある意味でその流れとは逆の作り方と言えると思います。 今のトレンドのクラブの性能を最大限に発揮するためにスイングのトレンドも変化している中で、ミズノさんはMPブランドの背景(フィッティングをして販売)から、そういったゴルファーばかりではなくその性能を発揮できないゴルファーが沢山いるので、そんなゴルファーの為のドライバーを!! という感じなのかなって勝手に想像しています。 もちろんそれでも十分に飛距離を出せるようにフェースもボディも作られているので、ストレスなくドライバーからアイアンまで同じフィーリングでラウンド出来るセットが作りやすいと言えます

ここからは僕の勝手な考えですが、今考えられる最高のパフォーマンスを求めていくなら流行のクラブにそれを使いこなせるスイングを習得していくことが一番だと思います。ですが今までキャリアを積んできた感覚を生かしながらさらにクラブでパフォーマンスを上げていくなら今回のミズノさんのクラブのようなクラブになっていくのかなと思っています。 もちろんこれはどちらが優れているか?? という話ではなくプレーヤーがどちらを望んでいくかによって変わっていく部分です。 実際に僕が試打した印象は、本当にストレスなくドライバーが振り抜けます 飛距離的には表現が難しいですが今トレンドのクラブと全く遜色ない飛距離で10球打ったとしたら最大と最小の飛距離差がとても小さくなります。なので結果的に平均飛距離は伸びた結果でした  短所をあえて書くとすれば「これ行っただろ」的な暴力的なビッグドライブはなく静かに飛んでいくところです。ただこういったクラブは使い込むほどに良さが出てくるのでアイアンを飛距離をコントロールするようにドライバーでも出来そうだなって感じです。手に馴染んでいくという表現が一番近いと思います

今トレンドのクラブがどうしても馴染まないなぁって思っている方は是非試してみるといい結果になるはずです このクラブもアイアン同様フィッティングをして販売と言う形なので興味のある方は是非お近くのお店で試してみてくださいね


streetmedia at 16:54│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ