2019年05月02日

REGIO FORMULA+

また久しぶりの投稿になってしまいました。

今回お話しするシャフトは、ゼロス・NS950・MODUSとスチールシャフトのイメージが強い日本シャフトさんのカーボンです
このブログを読んで頂いている方なら当然ご存知だと思いますが、スチールとカーボンを生産しているメーカーさんは世界的にみても少ないんです。 それを日本シャフトさんらしく生真面目に設計生産していて僕個人的にはとても評価の高いシリーズが「Regio Formula」なんです

何が評価に値するかと言えば、使っている方もとても多いと思いますがアイアンのMODUSシリーズと同じ剛性分布で同じ振り感を出しているからなんです 

「そんなの簡単だろ!!」

って思うかも知れませんが、単純にシャフトは俗にいう「何もしない・癖がない」と言うのをそのまま作ると右にしか飛ばないシャフトが出来上がってしまいます シャフト延長線上に重心がないので起こる現象なんですが「何もしない・癖がない」と言うのはプレーヤーに違和感を感じさせないだけで実はシッカリとシャフトは働いているんです。 そんなふうにとても奥の深いシャフト造りをヘッドの重心位置が全く違うドライバーとアイアンで、剛性分布を合わせたうえで振り感も結果もそろえていくというのは至難の業なんです。それを達成して結果を出しているところが気真面目な日本シャフトさんだしFomulaシリーズを評価するところなんです

そんなFormulaシリーズでもちろん結果が出ている方が沢山いらっしゃいますアイアンに合わせてドライバー用を選択できるんですから、MODUSユーザーでまだ試してない方は是非試していただければと思います。 ですがゴルファーと言うのは欲深い性質でして、それで結果が出てくると「これでもっと飛ぶのはないのか?」となってくるんです ただでさえアイアンと合わせていくのが難しいのにゴルファーの欲はつきないんです。。。 

そんなゴルファーに向けて開発を続けて完成させたのが
IMG_0703









Regio Formula+(プラス)なんです

もちろんMODUSシリーズとのマッチングは継承したうえで飛距離に重点を置いたモデルになります。シャフト単体での特徴は、わがままなゴルファーを満足させるために贅沢な素材使い(結果的に)をしていますが、そんなことより今までにない弾き感と腰の強さを1球目から感じさせてくれます これは剛性を大きく変化させずに結果を出す為に「つぶれ戻り」をコントロールしているから生み出されるフィーリングです アイアンの振り感のような安心感がありながらドライバーに求められるスピード感をシッカリと感じさせてくれます。 基本的には今までと同じでB+は先端がM+は中間部がシッカリしているので僕はB+が安心して打てるのですが、面白いことにM+を打つと同じスペックでヘッドスピードが上がっていくんです このM+のような剛性のシャフトでたまに出る現象なんですが、ある意味でスペックとヘッドを考えたら好みとは違いますが面白いクラブが出来上がるんじゃないかと妄想してしまいます

とにかくゴルファーにとっては有難いコンセプトのシリーズなんですが、トークショーなどで聞いてみると意外と打ったことがないのも事実なので是非いろいろな場所で試打していただけたらと思います


streetmedia at 12:31│Comments(1)

この記事へのコメント

1. Posted by 山岸秀雄   2019年05月02日 14:03
5 ゼロスに合わせた、シャフトも作ってくれないですかね〜??

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ