2019年08月12日

タイトリストさんから

新しいアイアンのシリーズが発表されましたね


IMG_0995そのシリーズについて今回も色々とお話をお聞きしていて納得させられた部分をお話させていただきます。まず最初に皆さんがアイアンを買い替えたいと思う時はどんな時でしょうか ドライバーのように飛距離や安定といったハッキリとした目的が薄いのがアイアンなのかも知れないんです。事実アイアンを選ぶときの選択肢は顔(バックフェース・アドレスカット)・打感・飛距離・弾道などなどドライバー同様の部分はありますが、ぼんやりしているのが正直なところだと思います。

そんなところに「ヘッドサイズ」ということを明確に意識してる今回の作りは選ぶ立場になると受け入れやすいなって感じます。またモデルによってクラブに求める性能を明確化して全てにテクノロジーを足すのではなく逆に必要のない物は省きモデル毎の位置づけを明確化しています。例をあげるとCBに関してはロングアイアン以外のタングステンを抜き(許容性より操作性を重視)シャープな顔立ちに、Tシリーズはロフト・慣性モーメントを変化させていくなどゴルファーの求める部分に特化させたと言えると思います。

IMG_0980
ヘッドのテクノロジー的にはT200.300の構造のような弾きの良い極薄フェースに異素材を組み合わせて飛距離性能を追求するものが今後の流れになりそうですね。実際に異素材の部分は各社違いますが、基本的な部分で同じ狙いのヘッドが増えています。これは飛距離の部分だけではなく、慣性モーメントや重心位置のコントロールと合わせて作ることで球の高さや縦距離をズレを広い範囲で安定させ、打感のコントロールにも影響しています。実際に試打すると打点のズレに対するヘッド挙動と弾道のズレの少なさは数発打つとハッキリわかるくらいです

今回のタイトリストさんのシリーズようにゴルファーの目的に対して明確なモデルが増えてくると、自分の欲しいクラブが判りやすいですしアイアンを変えるメリットが増えてくるなって感じました。アイアンに対する不満や求めることを整理していくと、どんな構造のモデルが良いか狙いが付きますから絞ったうえで是非試してみてくださいね


streetmedia at 09:38│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ