シャフト

2009年10月09日

TOUR AD DIシリーズ

先日DIシリーズを打つ機会があったので、その時の感想を

「打ちやすい・扱いやすい」この2点でした

正直なところ・・・ここ何年間かのグラファイトのシャフトは偏ったタイプの方にしか合わない印象が強く???でした(あくまでも個人的な見解です)

どう偏っていたかというとヘッドスピードの速い人が好む特徴と遅いタイプが好む特徴が混ざって喧嘩しているような・・・なので実際、フィッティングをしていて、自信を持ってお薦めしたかたは数人だったはずです。
これは自分の技量が足りなくシャフトの性能を生かす方法が解らずにいたせいかもしれません。でも結果を出せる自信がないので違うものをお薦めしてきました。

でも今回の「DIシリーズ」は久々のヒット(M・PTシリーズ以来)

良い感じでどのスピードで打ってもインパクトが合って気持よくフィニッシュまで振りぬけます 基本的には手元が緩めのタイプですが、今までになく「しなり」のクセがないので幅広く結果が期待できそうです 

ilimaと似た味付けですが・・・バランスポイントも違うので振り心地は全く違うものになります。今の時点では細かなところまでまだ理解しきれていないので、ごめんなさい色んな事を試したらまた報告しまぁす


streetmedia at 11:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年10月08日

PROTOシャフト経過

数日前にコンポジットの征矢さんが遊びに来てくれました

用件は当然PROTOシャフトのお話(征矢さんはプラスアルファーのお楽しみも)

でぇシャフト剛性のお話なんかを聞いて・・・

前回のシャフトの気になったことを詰めていく中で征矢さんから提案された方法を聞いて

ビビビィ〜

ってイメージが湧いてきました

きっときっと面白いものになっていく予感が

早く出来ないかな・・・待ち遠しいです


その時に持って来てくれた「YUPITERU GST-2」
優れものでびっくりしました  

すぐに買いたい衝動が・・・

streetmedia at 19:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年10月06日

激安調査隊

今日発売の週刊ゴルフダイジェスト

巻末ページに先日取材した「激安調査隊」が掲載されてます

その時に書いていた・・・発見したこと

シャフトについてなんです

 自論ですが・・・今までずっと「ドライバーの基本性能はヘッドが6~7割占めていて、そのヘッドを自分のスイングに同調させていくのがシャフトですよ」って言い続けてきました。 ただお店で扱うシャフトやクラブ、雑誌の仕事などで打つクラブも、一定の水準を超えたものばかりでした。その中で細かなフィーリングや特性を求めてきました。
 そんな時に今回の企画で試打したら・・・はっきりとシャフトの重要性が自分の中で認識できました 460CCがメインになっている今、当然シャフトにかかるストレス・スイング中の違和感などを解消していくにはどうしたらいいかがみえてきた感じです。これはまだ自分の中でぼんやりとした感じなので、胸の中にしまっておいて今後のフィッティングやシャフト開発に応用していこうと思っています

でぇ今回の15.000円以下のドライバーつかえるかどうか

・・・。

自分は対極のとこを模索しているので判断しづらいのですが、今7~8年前のドライバーを使っている方が、きちんと選べば間違えなくお買い得品になります これは、はっきりとお伝えできますよ 


streetmedia at 11:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年10月05日

Fire 55 PROTO

CA3A0218

先日作ったドライバー




かなりの期待をこめて必死に試打した結果…


思ってたような動きにはなりませんでした


これはこれで全然仕上がっているシャフトになっているのですが、初めのコンセプトからは…


また相談して妥協しないで凄いの作りまぁす




streetmedia at 20:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年10月04日

FIRE 55 PROTO

CA3A0218先日UPしたPROTOの改良版 

急ピッチで進行しています

それてあわせて前回のシャフトを使って

ちょっと違う味付けのドライバーを1つ

 

CA3A0219ヘッドはJUSTICK460(192g)

46.5  302g  D-3  264cpm
46    303g  D-1.5  264cpm

こんな感じになりました 

前回の分も含めて試打してきまぁす



streetmedia at 13:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ