フィッテイング

2009年10月11日

フィッティング

フィッティングって受けたことありますか

一般的には計測機械で計測して・・・一番結果の良いものがその方に合っているクラブですみたいなものが多いのかな

自分も雑誌の仕事などでデータを取るときは当然計測するしその結果をみてなるほどなぁ~って感じなんですけど正直あまりあてにはしていません 何故かというと・・・当然機会の癖があるはずだからです
決して数字否定者ではないので誤解しないでくださいね 機械が違えば数字を出すための基準も違うし、どこの部分でスピードを取って解析しているかとか違いますよねそうしたら当然違う数字も出るはずだし・・・。じゃあ何をみているか同じ条件で計測したなかでスピン量や打ち出し角等を比べていく感じです。あくまでも比較です。

これはクラブの計測機械にも同じようなことが言えます。例えばロフト・ライ角の計測・調整の場合、当然機械の違いで数字は変わるし、もっと言えばクラブのセットの仕方でも1度位は直ぐに変わってしまいますそのところを解った上で考えていかないと全く意味のない努力をしてしまう事にもなってしまいます(違う計測機械のお店にいって全然あっていませんよなんて言われたら驚くしどっちが正解みたいな)

なのであくまでも自分が使いやすくする為の数字自分を主役に置いて欲しいです今の状態よりこうしたいとかの考え方の方が誤解なく出来ると思います

フィッティングの話からずれちゃいましたが自分はどうしているのか何を見ているのかよく聞かれるので次回にお話の続きを



streetmedia at 18:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月14日

万振りHIDEさん

首がながぁ〜くなったHIDEさんのクラブ出来上がって首が取れる前にクラブを取りにきて頂きました

出来上がったアイアンの顔つきも気に入ってもらって安心しました

これをペースにしてHIDEさんの感覚でもう少しこんな感じとか・・・調整していけば、きっと良いことが起こるはずですよ

打ちにくいクラブで自分のスイング・タイミングを忘れちゃってるみたいなので(凄くそういう方が多いんですけど)ここからは、自己中に万振りしてくださいそれで気持よくなるように調整しますから安心してください

まずは来週頑張ってきてくださいね

streetmedia at 17:08|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年08月11日

クラブの長さ

昨日クラブの相談に来られたお客様の話なんですが・・・。

なんとFWの長さが全部一緒

これは意図的にしているわけではなく純正品を買い足していった結果そうなっていたようです

クラブの長さはとても重要な部分なんですが・・・
短いと打ちやすい。
長いと当たらない。
等々、ゴルファーのなかで部分的には間違ってなさそうな定説があるみたいです。でも自分的な感覚ですが、クラブにはヘッド(体積・スペック含)ロフト・シャフトにあった長さが存在します。それがクラブとしてバランスの良い状態なんですが、それはあまり重要視されていないみたいで

それはまたゆっくりお話するとして自分もテスターとして経験している上のお話で、同じ番手のFWでメーカー・モデルによって最大1インチの幅があります 当然そのモデルでの統一感はありますが、メーカーでの統一感はありません。どうしても買い足していくことが多いクラブなので注意してください。

気になったら、比べてみて下さいね



streetmedia at 14:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月03日

大慌て

CA3A0100

  
  EPON   JUSTICK

    B`S     TM

    SYB


えっと珍しく仕事が重なってしまいました

普段はお客様とゆっくりお話しして作業時間もいただいて仕事しているので(遊んでるんじゃなくて対話ね)

たまに、こんなふうに重なるとが気になって(きっと他の工房さんはいつもこんな感じなのかな・・・)

でもみんな何かしらの大切なラウンドに間に合わせたいって事なので頑張ります  考えたら・・・もうクラチャンの季節

忙しい分、余計に慎重に丁寧な仕事を早く喜んでもらえる事を楽しみに



streetmedia at 18:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月02日

自信をもって下さい

こんばんわ

今日、ご紹介で初めてのお客様が遠いところからご来店頂きました(汚くて驚いたかも)

とてもお上手な方だったんですが・・・悪い原因を全て自分のスイングのせいにしてもったいないです。

確かにスイングで曲がる要素の方が多いかもしれませんが、ミスしたときの幅を小さくしたりできるのがクラブですからもっと頼ってください

120点のナイスショットを求めるより、ミスしても60点のショット・クラブのほうが調子の波が少なく、組み立てできると思うのですが・・・。

自分に都合のいい情報ばかりではなく、悪い情報やミスから考えると違ったことが見えてくるかもです

streetmedia at 19:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索